2012年08月31日

忍城へ:大谷吉継

吉継です。

昨日ツイッターにも書いたがの、来る11月11日(日)。
第33回 行田商工祭・忍城時代まつり」合戦劇に、三成とそれがしが出演することになったのだ☆

忍城へ馳せ参じるのは、昨年の暮れ以来。

あのときは、しっぽ取り合戦を共に行ったり、長親殿の紙芝居を堪能したり、誠に楽しいひと時だったのだ!

この度は、合戦劇。

当時の様子を、今を生きる皆に事細かく伝えられるように励む所存なのだ!

忍城を守った方々の奇跡を、忍城おもてなし甲冑隊の皆様と共に再現するの☆

参加武将・足軽の一般公募もあるそうでの。
申込みは下記行田商工会議所まで!
詳しくはこちらを見てみての〜。
http://www.plus-kun.com/jidaimatsuri/gyoda/


image-20120831173608.png


image-20120831173635.png

あのときの写真が、誠に懐かしいの〜。
またお会いできるのが、今からとても楽しみなのだ!!!
posted by 関ケ原東西武将隊, at 17:37 | Comment(5) | category: 大谷吉継 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月28日

駆ける:島左近

IMG_20120823_124246.jpg
「何千もの人が死んだ地」

悪の魔法使いに乗っ取られたえつこお姉さんが言うておった言葉じゃ。

確かに結果だけに目を向ければそうに違いない。



しかし。

我らは死ぬ為に戦った訳ではない。

主君の為、家族の為、己の夢の為…

その為に「生きたい」と強く思ったのだ。



それは今も変わらん。

殿の夢に最後まで付き従うが、儂の望み。

であればこそ、我らは尋常ならざる「生の輝き」を放っていなければならん。

故に、あの四日間はそれを突き詰めようと決めたのじゃ。

会いに来てくれた皆々に、言葉ではなく一人の人間が放つ生きる輝きを感じて欲しかった。

同時に、皆にも自分が持つ本来の輝きを感じて欲しかった。

グリーンウッドまで馬を走らせたのも、散歩でなく駆け足をしていたのも、すべては己を追い込み、その先にあるものを欲したから。

結果、熱中症になろうが、地面に這い蹲ろうが、構わんと思うた。(まぁ、実際にそうなっておったが)

例え
惨めな様をさらし、愚かだと罵られようが、構わんと思うた。

それよりも、己が己自身に納得できぬ事の方が、儂は受け入れ難い。


一方、皆に迷惑をかけた部分もあるだろう。

一緒に散歩したかった者もおるだろうし、鬼コース島隊の皆も道中楽しい事ばかりではなかった筈じゃ。

すまんな…。
じゃが、どうしても己にだけは負けたくないんじゃ。

そして「何千もの人間が強く生きようとした大地」である関ヶ原を背負っていかねばならんのだ。


関ヶ原を愛するすべての者よ、

これからも、笑顔と絆を輪を広げてゆこう。

我らと共に。




島左近清興より
posted by 関ケ原東西武将隊, at 22:49 | Comment(9) | category: 島左近 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人は鏡に似たり:石田三成

…。

…、三成である。

皆、我らとの関ケ原での四日間。
喜んでくれた様じゃな。

誠に、嬉しく思う。


さて、日曜の最終最後にて儂から皆に少しばかり話をさせてもらった。

あの時話せた言葉のみでは、言葉足らずと感じ、改めて皆が笑顔になる策。
これを論じてゆこうと思う。

「人間とは鏡の様なもの也」

誰かがクヨクヨしたり、塞ぎこんでいると、己もクヨクヨしてしまったりするものじゃ。

だが、己が、そして相手が笑顔でいれば、お互いに笑顔になってゆく。

それを見た周りの者も笑顔になる。

笑顔は繋がっておる、と言う事じゃ。

だがな皆…、無理に笑顔でいる必要はない。
やせ我慢はしなくてもよい。

己が辛い時は周りが。
相手が辛い時は己が。
手を差し伸べる事じゃ。

それと、何でも良い、楽しみを見つける事が大切である。

その一端を我らが担って行きたい。

さあ、共に輪をつくって行こうぞ!



これが、儂が講じる策である。

…以上。


三成
posted by 関ケ原東西武将隊, at 18:22 | Comment(4) | category: 石田三成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月27日

兵(つわもの)どもが夢の跡:本多忠勝

写真.JPG忠勝じゃ

戦国の世から再び蘇りて想う事。

日の本が戦のない国になって良かった。
この関ケ原が関ケ原のままで良かった。


そして、平成の世。

‥‥‥皆々に逢えて良かった。


関ケ原の空に舞うしゃぼん玉に願いをかけ、
わしらは“ 散りゆく者の定め ”を心に据えて前へゆく。
笑顔を絶やさずにな。

ありがとう
またこの地で繋がろうぞ。

忠勝
posted by 関ケ原東西武将隊, at 19:45 | Comment(7) | category: 本多忠勝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

綴る:大谷吉継

「皆、こんにちはー!」の、吉継です。

この数日間、我ら昨年と同じようにたくさん楽しい時間を皆と過ごせたのだ☆

皆の笑顔にどれだけの力をもらえたことか。

さんさんと輝く太陽の下で、笑い合えるひと時。

直接は会えなかった者たちとも、ブログやツイッターを通して、繋がり合えていたと感じておるのだ。

やはりの。

笑い"合う"ということは、大事なことだの。

笑い合えば、楽しさは増すばかり。

この度のおもてなし中での、一人で関ヶ原に来てくれた者たち同士がお友だちになったという場面によく立ち会っての。

「関ヶ原」という括りの中で意気投合し、時に助け合い、時に譲り合い、そして、笑い合う。

誠にの、我らは何と素敵な者たちに見守られているのだろうと、嬉しく思うと同時に、誇らしくも思ったのだ☆

今年の夏の1ページに、この度の思い出を綴ってくれたら嬉しいの(^-^)

また会おうの〜!!

image-20120827183934.png

この通り、我らはいつまでも変わらずにおるからの☆
posted by 関ケ原東西武将隊, at 18:41 | Comment(6) | category: 大谷吉継 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大樹のごとき :島左近

四日間、関ケ原の大地に立ち、
それが終了した今。
己の心に根を張るように、確かに感じる事。

それは皆への感謝。

この四日間、幾度となく皆の笑顔や言葉に励まされ、力を貰い、背中を押された。



己の限界を振り切って何かを達成しようとする時には、必ず傍らには「人」がいなければならい。

三成様、大谷様のような尊敬し、信頼し、彼らの為であれば死ねると思える「人」

忠勝殿のような、立場は違えど境遇は近く、互いに良き好敵手としての「人」

内府殿、直政のような、己にない輝きを放つ「人」


そして共に喜びを分かち合える「人」
それは紛れもなく、皆々である。

共に関ケ原で、笑い、励ましあい…
そうして、皆それぞれが人生の一頁に彩りを加えてゆける。

なんと、素晴らしき事であろう。

そして、心底そう思わせてくれる皆への感謝で、儂の胸は一杯じゃ。

「ありがとう」

関ケ原に根を張る大樹のように、我ら「関ケ原東西武将隊」が成長できたのは、我らと皆との「絆」あっての奇跡也。

12月、再び逢える事を楽しみにしておるよ。

それまで辛い事や苦しい事もあるじゃろうが、腐らず、怠けず、共に歩んで参ろうぞ。

四日間、本当にありがとう…。



最後に、この四日間の為にお力添えを頂いた、役場の皆様、町の方々、スタッフの皆々様に厚く、御礼申し上げる!!!!!!!!!


ではみな、良き夢をな☆
お休み。




関ケ原東西武将隊 島左近清興


posted by 関ケ原東西武将隊, at 00:15 | Comment(7) | category: 島左近 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

関ケ原:井伊直政

井伊であります。

本日、関ケ原東西武将隊のおもてなし、イベント全て終了した。



この関ケ原に訪れてくれた沢山の皆々
、儂等を影ながら応援してくれた者たち有り難うのぅ。

皆、暑さに参ってはいないか?そればかりが心配じゃ。

今日も本当に猛暑じゃったからの、十分に休養せよ。

それにしても、今回は今まで以上に『一体感』を感じた日じゃった。
我等六武将だけでなく、今日笹尾山特設会場に来てくれた者たち、そして関ケ原東西足軽隊、儂等を影で支えてくれている者たち、テントにて商品を並べてくれた沢山のお店含め全てがひとつになっていた。

まだまだ至らぬ点はたくさんあるが、儂等の目指していたものはこういうことじゃと確信したわ。



人はひとりでは生きていけんからの。

こうやって皆で一緒に助け合っていくことが『絆』なんじゃろうな。

今回その『絆』を感じさせてもらったわ。

関ケ原とは本当に不思議な町じゃの。

こうして皆と繋がれたのも関ケ原。

感謝せねばの。

さて、我等は12月に向け早速明日より鍛錬に励む。

またこの大自然関ケ原で皆に会えることを励みに頑張るわ!!

儂等はまだまだ止まらんぞ!!

突き進むのみじゃ!


いざ、参る!!!






井伊直政


posted by 関ケ原東西武将隊, at 00:00 | Comment(4) | category: 井伊直政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月26日

記憶は鮮明なり:石田三成


…。

三成である。

我ら関ケ原東西武将隊、関ケ原の地にて4日間の出陣が終了した。

関ケ原に訪れてくれた皆…、本当にありがとう。

夏の関ケ原は暑い。

加えて、計ったかの様な酷暑であったに。

にも係らず…、あの様に皆と共に笑顔でいることが出来たのも、我らと皆が楽しみ、楽しさを共有しておったからじゃ。

とはいえ、あの気温じゃ、しかと休息をとっておくれ。

そう…。
ふぅ、と。
休息をとる時、この夏の四日間の思い出がより鮮明に甦るであろう。



だからこそ、我らも皆からの想いを胸に、12月を見据える事ができる。

また、会おう。



三成
posted by 関ケ原東西武将隊, at 20:40 | Comment(11) | category: 石田三成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月25日

おもてなしの陣:井伊直政

井伊であります。

儂等念願であった関ケ原町でのおもてなし無事終了した。

本当に沢山の者たちがこの関ケ原を訪れてくれるようになったんじゃな。



今日は東西別れてのおもてなしじゃったが如何じゃったかの?

儂は東軍じゃからこっち側しかわからんが、西軍もきっと素晴らしいおもてなしをしたんじゃろうな。

今日は沢山の笑顔に出会えた。

本当に愉しかった。

出会えた者たちも皆そうであってほしいのぅ。


さて、明日はいよいよイベントの日じゃな!!

六武将、足軽隊、明日見に来ている者たち、見に来れないが応援してくれる者たち、そして影で我等を支えてくれている町の者、皆でひとつのイベントをつくりたい。

それが我等の想いじゃ!


皆楽しみに待っておれ☆


posted by 関ケ原東西武将隊, at 20:26 | Comment(3) | category: 井伊直政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ありがとう!!! :島左近

関ケ原東西武将隊、本日の活動終了じゃ!


今日も酷暑の中、沢山の方々に来ていただき恐悦至極。

皆も暑いであろうに、我らの体調を気を使って言葉をかけてくれる皆々には本当に沢山の力を頂いた。

ありがとう!

明日は我らの真骨頂、ステージパフォーマンスじゃのぅ。

暑いからといって、儂は守りには入らんぞ☆

汗水垂らさずして、武士足りえんからの。

精一杯のステージパフォーマンスをお見せいたす!

では、本日も…


お疲れさんじゃ〜〜!!!!!!!!!!!













ちなみに、明日のスケジュール。

パッと見は、至って普通であるが…

楽しみに致せ☆
posted by 関ケ原東西武将隊, at 16:52 | Comment(6) | category: 島左近 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月24日

大自然:井伊直政

井伊であります。

皆、こんばんはじゃ!!

今日は暑い中、来てくれた者たち有り難うの!

やっぱり関ケ原は良いのぅ〜!!

皆には会えるし、空気は透き通っておるし、大自然だし、暑いしのぅ(笑)!

今日は関ケ原の色んな地で撮影したわい!




久々の東軍三人のショットじゃ!!

関ケ原大自然〜!!

明日もおもてなしじゃぞ〜☆

来れる者はどしどし来てくれぃ!!

我等関ケ原東西武将隊六武将、こころをひとつにし関ケ原で待っておるぞ!!


井伊直政
posted by 関ケ原東西武将隊, at 20:06 | Comment(5) | category: 井伊直政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

懐かしの:島左近


かつて、我らが武将ラジオを放送しておった東西スタジオ前にて。

ガラス越しに見える三成様達の姿がなんにもない光景の中に浮かんで見えるわ。


こうして関ケ原に立つ度に、かつての思い出が脳裏を次々に駆け抜けていく。
時には自らの足跡を辿る事も悪くはないな。

そうして改めて、行く末を見据える事ができるのじゃ。

関ケ原よ…ありがとう。

posted by 関ケ原東西武将隊, at 13:05 | Comment(1) | category: 島左近 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

皆々、お早う。:島左近

IMG_20120824_070450.jpg
関ケ原二日目の朝。

昨日の疲れはとれたかな?
儂は万全じゃ☆
…顔が若干ひりひりするがの(笑)



本日は六武将揃い踏みで、関ケ原のあちらこちらで撮影である。

皆ものんびりと関ケ原を楽しんでおくれ。
その際は、休憩、水分補給など忘れぬようにの。

では。

関ケ原におる者も、おらん者も良き一日を過ごされよ!




行って参れぇぇぇぇぇぇぇっ!!!!!!!
posted by 関ケ原東西武将隊, at 07:13 | Comment(2) | category: 島左近 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月23日

関ケ原の平日也:石田三成


…三成である。



儂の朝はこの様な朝から始まった。


…久方ぶりに実現した平日の出陣。
儂は心待ちにしておった。


して…、これが、関ケ原よ。
関ケ原を縦横無尽に駆け、その楽しみ方を儂らと皆で探る。


午後からの、木かげ制覇ウォーキングにおいても、沢山の皆が暑い中集まってくれた。

儂と本多殿という、珍しき二人組が歩いたコースは…。

若宮神社から吉継陣跡、吉継・五助の墓所、黒血川を沿い、鶯の滝。







壬申の乱から吉継の話。

吉継・五助の墓所では厳かに線香を手向けた。


…暑さ極まる関ケ原にて、正に皆が熱く感じた時の流れであった。


今日という、一生に一度の日。


儂も存分に楽しんだ。
皆も楽しんでくれたかのう。


そんな日に、なぜに井伊殿がいないのか、と思っていたら、ヤギ乳アイスのカップに井伊出現であった…。




さぁ、皆。
明日の我らは、関ケ原町内にて撮影である。
見つけたら気軽に声をかけておくれ。

何の撮影かは…。

左様、もちろん…秘密である、

後の楽しみというやつだ。


では皆、また明日会おう。


三成
posted by 関ケ原東西武将隊, at 22:35 | Comment(3) | category: 石田三成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この夕陽:島左近

IMG_20120823_172403.jpg
この夕陽が見たかったのじゃ!!

この夕陽に皆の笑顔、駆ける姿がかさなるわ。


明日もこのような美しい夕陽が見られるよう、尽力せねば。

今日来てくれた者達よ、ありがとうの!!
posted by 関ケ原東西武将隊, at 19:48 | Comment(11) | category: 島左近 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おはようさんじゃ!! :島左近

TS3R0199.JPG
今日も太陽は本気じゃな!

我らも負けぬよう、一瞬一瞬をしかと歩んで参るぞ。


本日関ケ原に参る者よ!
体調に留意しながら、ひと夏の思い出になるよう皆で朗らかに過ごそうぞ!!

そして、来られぬ者達も、それぞれの一日をしかと過ごしておくれな!


それでは皆の者…





行って参れぇぇっ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
posted by 関ケ原東西武将隊, at 08:22 | Comment(5) | category: 島左近 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月22日

明日の鬼コースについて:島左近

皆の者、元気でやっておるか?
儂は明日から始まる関ヶ原での日々の為、着々と心・技・体を研ぎ澄ましておる。


さて、昨夜Twitterにて先行で呟かせてもらったが、改めてこちらでも「鬼コース」について書かせて頂く。

明日の木かげ制覇ウォーキングにて、儂が案内する鬼コースの目的地は「グリーンウッド関ヶ原」也。

関ケ原町歴史民俗資料館を、馬にて出立し、旧中山道を辿り、グリーンウッドへと向かう。
グリーンウッドにて、しばしの語らいをした後、歴史民俗資料館まで帰るのじゃ。
道中は休憩を取りながら、ゆるりと参る。

しかし、体力的にきついのは事実じゃ。
自信の無いものは、殿や大谷様のコースをお勧め致す。

参陣希望の者は、今晩から滋養のある食事を取り、しかと睡眠を取るのだ。

明日も朝餉、もしくは昼餉をちゃんと取り、水分も飲みすぎるくらいに摂取しておいておくれ。

勿論、儂もそうする。

先程、一時間半程度の野駆けをしてみたのだが、しかと準備をしておけば危険な状態にはならん。
しかし、当日の天候によっては目的地変更になる可能性もあるからの。
なんせ、鬼のようなコースじゃて、容赦致せ。


かような激しい道のりになってしまい、不満や不安を抱える者もおると思うが、わしは思う。

真に心動かされるのは、自らの労を経て何かを達成した時じゃ。

グリーンウッドに着いた時、もしくは歴民に帰り着いた時、これまでとは違う光景が見られる筈じゃ。
儂はそう信じておる。


いやはや、なんとも爺が言いそうな苦言じゃな(笑)
しかし何事も準備が肝要じゃて。

最後に。

明日から始まる四日間、我らは再び関ケ原に立つ!!!!

関ケ原にくる者も、来られぬ者も、皆が少しでも楽しめるよう尽力してゆく。

皆も、心ゆくまで楽しんでおくれ。


では、またの。


関ケ原東西武将隊 島左近清興
posted by 関ケ原東西武将隊, at 17:17 | Comment(1) | category: 島左近 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月21日

ポストカード:石田三成&大谷吉継

三成:…三成である。

吉継:吉継です!

三成:我らが紹介するのは、ポストカードである。

image-20120821234656.png

三成:このポストカード、昨年撮影した我らの写真を、「さらに皆が恰好良く映えるように」という想いを込めて、一枚ずつ仕立てたのだ。

吉継:写真とは、誠に奥が深いものだの。

三成:うむ。手のひらに収まる中に広がる刹那の記録や記憶。
絵画に通づるものがあるな。

吉継:であるから、奥が深いのじゃの。

image-20120821234722.png


三成:さて…、写真上部の英語は、各武将の肩書きや異名を表す言葉が書かれておる。

家康…the lord keeper of the privy seal(内府)

三成…the minister of civil administration(治部少輔)

忠勝、直政…the four paradins of TOKUGAWA(徳川四天王)

左近…the statesman of ISHIDA(石田家重臣)

吉継…the minister of justice(刑部少輔)

吉継:ほほー。なるほどのー。
そして、印刷には甲冑の反射が増すように【ミラー加工】というものを施したのだ。
昨年と今年のポストカード、どちらもそれぞれの趣きがあり、両方を見比べるのもまた一興かもしれぬの。

三成:それもよし!であるな。
此度のポストカードは、1枚ずつではなく6枚で一まとめとなっておる。
すなわち、我ら六武将の絆のなせるわざよ。

吉継:ほー…。

三成:…うん?なんだね。

吉継:いやー、三成は良いことを言うのー。

三成:そうかい、それはありがとうよ。

吉継:みんな、我らの絆!心とその瞳に刻んでほしいのだー!

三成:…うん。見事に儂の言葉とったね…。まあ良いか。
皆、よろしくな!

三成・吉継:それでは、皆の衆。さらば!
posted by 関ケ原東西武将隊, at 23:48 | Comment(2) | category: お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一生もの:石田三成



三成である。

皆、久しいのう…。

我らが関ケ原に降り立ち、早くも一年が過ぎたな。

皆と沢山の思い出をつくってきた。
いまだ儂の瞼に焼き付いておる、きらきらした笑顔が素晴らしい。


我らは、さきの六月から二ヶ月ぶりの関ケ原である。

儂は前回、皆とふれあえる機会が少なかった事に頭を悩ませておった訳だが…。

今回は、平日の出陣が叶った。

喜ばしき事よ。

皆と共に夏の関ケ原を駆ける事ができる喜びよ。


…思い返せば、昨年の夏は、吉継・左近と馬(自転車)を駆り、夏の関ケ原を三人だけで、巡っておった時もあった。

今では、より関ケ原に訪れてくれる心強き援軍がおる。

誠、喜ばしき事よ。


我らは皆に関ケ原の良さ、素晴らしさを存分に伝えてゆく所存なり。

さぁ、共に夏の関ケ原で一生ものの思い出づくりである。

一生ものの思い出…。

そうは無いぞ。


この三成、皆の笑顔に会える事、非常に楽しみである。

関ケ原で待っておるぞ。


三成
posted by 関ケ原東西武将隊, at 12:30 | Comment(2) | category: 石田三成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

関ケ原東西武将隊オリジナルTシャツ:本多忠勝

忠勝じゃ!
遂に昨日、関ケ原東西武将隊2012の新作グッズが
発表されたのう〜〜

今回は武将達自らが皆々の為に思考を凝らし、プロデュースした商品が目白押しじゃ☆

先ずは
徳川家譜代家臣57戦無傷の猛将、わし本多忠勝が自らプロデュースしたTシャツを刮目致せ〜

どうじゃ?
わしなりに
現代の御洒落要素を研究したつもりじゃが、如何かのう?

このTシャツの共通のメッセージである 【 R e a c t i v a t e 】は大谷吉継が考えてくれたメッセージなんじゃが、
これは【部隊の現役に戻る】【再開する】という意味があり、わしら自身にかけておるのと、それ以外にも

【 再活性化する 】という意味がある。

このメッセージはのう、

震災以降、疲弊し混迷を続ける日本が
この関ケ原からどんどん元気を発信して、
少しづつで良い、
再びかつてのみなぎるような活力を取り戻して欲しいという
我が関ケ原東西武将隊の強い願いが
込められておる。
そう、
このメッセージは祈りであり、同時に“決意”でもあるんじゃ。

そういうわしらの強き思いの詰まったこのTシャツ。
是非会場で、手にして見て欲しいのう。
皆々でこの思いを身にまとい、復活への想いを供に掲げようではないか。

本多忠勝
posted by 関ケ原東西武将隊, at 07:17 | Comment(3) | category: 本多忠勝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。