2012年11月27日

【お知らせとお願い】舞台『四百年の襷』へお越しのみなさまへ

■撮影について

舞台『四百年の襷』では、劇場内での撮影はご遠慮いただきます。
第二部のイベントや、カーテンコール時もご遠慮ください。
なお、ロビーでは御自由にお撮りいただけますが、キャストとの記念撮影はお受けできません。
ご理解・ご協力のほど、よろしくお願いたします。

■チケット販売期限について

ゲッティ・カンフェティにてのチケットのご予約は公演前日の23:59が締切となります。
また、セブンイレブンでのお支払期限は公演当日の朝10:00となります。
時刻を過ぎますとお席はキャンセルとなりますのでご注意ください。

■贈り物について

関ケ原東西武将隊にはみなさまの笑顔がなによりの贈り物です。
プレゼントはお手紙・お写真のみいただいておりますが、
お花や食べ物などは会場へお持ちになられてもお受け取りできません。ご了承ください。
いつもたくさんのご声援・応援をありがとうございます。
posted by 関ケ原東西武将隊, at 19:41 | Comment(3) | category: お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新作グッズのご紹介

■『四百年の襷』公演パンフレット¥2000(各回150冊限定)
 12/1、会場ロビーでデビューいたします。

■関ケ原東西武将隊強化合宿DVD『Everyday,甲冑!』¥3800
※12/1,2『四百年の襷』会場ロビーにてご予約受付。発送は1月を予定しております。
※公演終了後、準備期間の後、12/27(火)23:59まで通販でのご注文もお受けいたします。
posted by 関ケ原東西武将隊, at 19:27 | Comment(3) | category: お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11月27日:島左近

今日も袖無し! 島左近じゃ。
初陣まで、いよいよとなった本日。
 
少しずつ足軽共も鍛錬に慣れてきたようで、休憩中にも意見を交わしたり確認しあったりするようにもなってきた。
 
そんな奴らの横顔は最高にかっこええぞ。
 
思えば四百年前もこのように足軽共の横顔を眺めておったわ。
時代をこえて再び出会えた縁、大切にしたいのぅ!
 
 
 
そして既にお見せした写真ではあるが、過ぎタリーズによる気愛砲じゃ!!!!!!!!!!
 
我らの気愛、しかと受け取れ!!!!
posted by 関ケ原東西武将隊, at 00:00 | Comment(0) | category: 四百年の襷 パンフレット連動型 出陣覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11月27日(火):鍛練

忠勝じゃ 鍛錬残り二日にて、この日から 朝から深夜にかけての鍛錬じゃ。

まさに最後の仕上げにかかるわけじゃが、 スタジオの音響の凄まじいほどの爆音には 、驚いたわ〜


じゃが、開戦や島津の退き口のシーンでは 、一気に血気が上がるのを感じる。


面白いシーンも大切じゃが、 合戦における人間の命を賭して戦う人間の 異常な高揚感、そして無常感はきちんと表 現せねばな。

戦いとは、そういう命の迫力を戦場で広い 範囲に向けて見せつけねば、確実にすぐに 討たれるからの。(本当にすぐじゃ)


そういう事も 目を背けずに表現しきる【四百年の襷】誠 に楽しみじゃ〜


皆々待っておれ!!間もなく関ケ原合戦当 時のわしらにわしらが追いつくぞ!! 乞うご期待じゃ〜〜〜〜〜〜!!!!

posted by 関ケ原東西武将隊, at 00:00 | Comment(0) | category: 四百年の襷 パンフレット連動型 出陣覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月26日

11月26日:武将ラヂオ、鍛練

吉継です。

今日は、お昼に『四百年の襷』を頭から最後まで通した二度目の予行演習を行ったのだ。

徐々に身体に物語が馴染んでくるのを感じた、誠によき鍛錬だったなり〜!

そして夜は!!

久しぶりに武将ラヂオをとり行うことができたのだ〜!!

回線を通じて、遠くの地で我らのことを大切に思っている皆と触れ合える機会を作れたこと、誠に喜ばしかったのだ〜!!

我等も楽し過ぎて、15分の予定を30分近く行ってしまったの(笑)

あっと驚くようなお知らせが怒涛の如く押し寄せてきたじゃろ〜??

皆の驚く顔を、この目で見たかったの〜。

もう一週間後には実際に皆と会えるということが楽しみなり〜!!

image-20121201222739.png

鼻息も荒くなるのだ〜!

ふんふん!!
posted by 関ケ原東西武将隊, at 00:00 | Comment(0) | category: 四百年の襷 パンフレット連動型 出陣覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11月26日(月):鍛練

三成である。

この日は、全体軍議から始まった。

その最中、儂と徳川殿は
「ぎふチャン ラジオ」に緊急出陣となったわけじゃが、儂らの声をもって直接皆へ語りかける機会を得ることができ、有り難き出来事であった。

が、徳川殿は、大分と緊張しておったわ。


鍛練といえば、関ケ原への出陣を控え、緻密になってきたところ。





武将、足軽共に志高く、皆に出会う為に汗だくになった。


月光の下、我らはさらなる決意を固めた。


全ては襷を繋ぐためにあり。


三成
posted by 関ケ原東西武将隊, at 00:00 | Comment(0) | category: 四百年の襷 パンフレット連動型 出陣覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月24日

11月24日(土):鍛練

家康であるぞ。

本日も終日の鍛錬である!

2012_11290269.JPG

本番間近ということもあり、動きのスピ〜ディ〜さ、熱の込め具合までもよりいっそう本番に近いものを求めていく。
ま、若き足軽衆には、体力勝負はお手のものといったところかのぅ〜?

よき作品となる手ごたえは日に日に強まっていく。
頼もしき仲間達のおかげであるな。

我が家臣はもとより、皆仲良く、そして気合いは十分!である。

2012_11290278.JPG

四日後には出立を迎える! 更に、更に気合いを入れて参るぞ〜!!

Yeah−−−−−−−−−−yasuぅ!!!!!2012_11290261.JPG

posted by 関ケ原東西武将隊, at 23:59 | Comment(0) | category: 四百年の襷 パンフレット連動型 出陣覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月23日

11月23日(金):鍛練

忠勝じゃ 鍛錬も佳境に入って来たわ。

足軽達は思っ た以上によい働きをしてくれるが、まだま だ412年前の事を完全に思い出すのは、 今しばらくかかるようじゃ。


槍捌き、刀の振り方、言葉使い、 歴史の事、そしておもてなしの心。


だが、教えていく事で自らが教えられたり 気づかされたり事もある。

そして、足軽達も常に前を向き、己の可能 性に貪欲に挑戦する。 わしらも負けじと精を奮う。


主従の関係とは、 誠に美しき事ものじゃのう。
posted by 関ケ原東西武将隊, at 00:00 | Comment(0) | category: 四百年の襷 パンフレット連動型 出陣覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月22日

11月22日:島左近

左近にございます!
 
本日もビシバシ鍛錬じゃ!!
 
戦でものをいうのは、やはり日頃のたゆまぬ鍛錬で培った「感覚」じゃからな。
 
身体を鍛えるのは勿論のこと、己に負荷をかける事で養われる研ぎ澄まされた精神。
 
この二つが交わらなけらば最高のパフォーマンスは出来ぬからの☆
 
そして、、、
 
ばばん!!
前説ぅ〜〜〜!!!
 
川原と在蔵じゃ☆
いやー、二人とも真面目じゃからの。
 
ついつい一生懸命になりすぎてしまって、早口になったり、互いの呼吸があわなかったりしてしまうのじゃ。
 
いやはや「伝える」という事はむずかしいのぅ。
伝えようとすれば、するほど伝わらなくなってしまうからの。
 
しっかし足軽共はよう頑張ってくれとる!
小奴らの勇姿、しかと眼に焼き付けておくれ!!
posted by 関ケ原東西武将隊, at 00:00 | Comment(0) | category: 四百年の襷 パンフレット連動型 出陣覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月20日

11月20日(火)足軽紹介:井伊直政

井伊であります。
足軽達による「前説」の稽古。

前説とは本編が始まる前の諸注意や会場を温かくする大事な役目である。



竹内鬼は外(たけうちおにはそと)

此奴の場を一瞬で盛り上げる能力は随一じゃ!俊敏で運動神経も良い!
そして何より世渡り上手な奴じゃな(笑)左近殿の右腕、六郎も見事演じた!



田中棚三郎(たなかたなざぶろう)

足軽一の色男じゃな!現代でいうイケメンというやつじゃな(笑)粗削りじゃが根性はあるぞ〜!!本多殿がいつも
儂の甲冑を着せる手伝いをサボるから棚三郎がやってくれた(笑)




山田川原(やまだかわはら)

足軽随一の「堅物」。真面目が取り柄の男である!!足軽をようまとめてくれた。湯浅五助も堂々と演じてくれたのう。



高橋網元(たかはしあみもと)

此奴は商人のような足軽!!調子良いがどこか憎めない、そんな奴じゃ!

「たかはし、あみもと!!」

皆、網元の物真似しとったのう。



山川在蔵(やまかわありぞう)

足軽の隊長のような役割を果たしてくれておる。心に熱き「闘志」を持っておる。この闘志が藤堂高刑にぴったりじゃったな。



藤田紋どころ(ふじたもんどころ)

唯一おなごの足軽。不器用ながらも毎日必死に稽古しておる頑張り屋じゃ!
唯一、客人から文をもらった人気者じゃ☆



雪田越後介(ゆきたえちごのすけ)

マイペースな足軽(笑)。独自の「間」(ま)を持ち、天然男!!本番でも何かが起きる…かものう(笑)
良き声の持ち主で合戦時も声が良く聞こえたわ!

そして最後は、



遠藤広野進(えんどうひろのしん)


何故か元服した時の写真(笑)
大食いの広野進!米を軽く三杯平らげる。此奴が出てくると場が和むんじゃな〜!これからが楽しみの期待の足軽じゃ☆


以上、足軽八名。毎日毎日汗水垂らして頑張っておるからの!



皆々、足軽の八名も応援宜しくの!!

posted by 関ケ原東西武将隊, at 00:00 | Comment(0) | category: 四百年の襷 パンフレット連動型 出陣覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月18日

四百年の鍛練:石田三成


…。

三成である。

皆も知ってくれておるように、
我らの舞台公演の開催が刻々と近づいておる。

よって日々鍛練を積んでいる、というわけじゃ。

そして、今回は我らと共に戦場を駆ける足軽達にも甦ってもらった次第。

うむ、楽しみじゃな。
存分な働きを期待しておる。
早く皆にも合わせてやりたいわ。



鍛練、着々進行中也。


三成
posted by 関ケ原東西武将隊, at 10:13 | Comment(7) | category: 石田三成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月14日

豪徳寺にて:井伊直政

井伊であります。
本日 儂は江戸 世田谷にある豪徳寺に行って参った。
此処には井伊家代々の藩主の墓所があってのぅ2代目藩主直孝(儂の息子)、そして皆が良う知っておる13代目藩主直弼など6名の藩主が眠っておる。








それにしても。

井伊家ゆかりの場所は遠江浜松にある井伊家菩提寺龍潭寺といい近江彦根にある清涼寺、永源寺もそうじゃがみな立派なものになっておるのぅ!!

誠 嬉しきことじゃ!

儂は幼き頃、今川氏に命を狙われ寺を転々と逃げ回っておったがそこを家康様に救い出され、小性から様々な功績を挙げ徳川四天王と呼ばれるまでにのしあがった。

しかし、これは儂だけの功績ではない。

儂を最後まで寵愛して下さった家康様、儂の為に死んでいったくれた沢山の者達、儂を最後まで支えてくれた者達、儂に付いて来てくれた数えきれない者達のおかげなんじゃな。

そして儂の息子達。

儂は関ケ原の戦の後すぐに亡くなってしもうて息子達には苦労をかけた。直継、直孝よう踏ん張ってくれた。

この想いが現世に蘇ってからずっと頭にあり、今日ようやく皆に手を合わせることができた。

感謝じゃな。

「四百年の襷」をきっと見ているじゃろう。


後、二週間ちょいじゃ!!

皆々風邪はひかないようにの!!


そして元気な姿で再び会おう!!!


約束じゃ☆



井伊直政



posted by 関ケ原東西武将隊, at 19:16 | Comment(3) | category: 井伊直政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月10日

忍の地へ:石田三成


…。

…三成である。


明日はいよいよ、吉継を伴い忍の地へ出陣である。



昨年12月23日以来じゃのう。
久しく、そして再び訪れることが出来ようとは…。

嬉しき限りじゃ。


「行田商工祭、忍城時代まつり」
行田を上げてのお祭りじゃ。
フライ、ゼリーフライ、楽しげな食べ物や様々な催しが待っておる!

儂らは、10:40からの「時代絵巻」に出演致す。

見ものじゃぞ!

その後は、武者行列に参列也。


午後からは…

忍城おもてなし甲冑隊の皆々様と共に、忍の地を駆け巡る次第じゃ。

これも、楽しくなるぞ。

心して待っておれ。





忍の地の空は広い。

皆にも天を仰いでもらいたい。
その想いは、必ずや天を動かす。


明日は寒くなりそうじゃ、暖かい格好でおいで。

さあ、待ち合わせの刻限は近い。

忍の地にて、待っておるぞ!


三成
posted by 関ケ原東西武将隊, at 20:34 | Comment(6) | category: 石田三成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月06日

天高く:石田三成


…。

三成である。


今日は、412年前の儂の魂が天に昇った日である。


先日は故郷、石田の地より空を見上げた。



空は、広く広く、あの時と変わらぬ空。


…皆と見上げ、数多の魂と通じ、ここに至る。


手を合わせよう。


合掌。




三成
posted by 関ケ原東西武将隊, at 22:11 | Comment(3) | category: 石田三成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月05日

出生地より:石田三成


…。

我がいのち、この郷に生を得て、
国を想い、主君を想い、同志を想い、
四十年。

わざみ野にて夢破れ、
この郷に帰りて、過ぐること、
幾歳月。

この魂、ふたたび、
この地に色とりどりの花を咲かせん。


…三成である。



三成祭 2012

午前の法要は粛々と、
午後からのステージは大盛況にて、
無事に終える事ができた。



石田町、長浜の魅力について語らせてもらったわ。

楽しき時間であったな。


わが出生地、石田に訪れてくれた皆、
石田へ向かい手を合わせてくれた皆、
想いは確かに届いておるわ。



次、皆と出会うは忍の地。

その空の下で待ち合わせじゃ。


三成
posted by 関ケ原東西武将隊, at 15:13 | Comment(5) | category: 石田三成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月03日

三成祭に出陣也:石田三成


…三成である。

いよいよ、明日。

儂の出生地、石田町に出陣である。

「三成祭2012」

午前中の法要から始まり、ステージイベントも盛り沢山じゃ!

屋台ブースも設置される故、一日石田町の空気を吸い、石田家に…、同志に…、想いを馳せてほしい。






石田の地にて、待っておるぞ!


三成
posted by 関ケ原東西武将隊, at 21:45 | Comment(5) | category: 石田三成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月22日

関ケ原合戦祭り2012:石田三成


…三成である。

一昨日、昨日と関ケ原が熱気で盛り上がる
「関ケ原合戦祭り2012」が執り行われた。



我らは参陣かなわなんだが、
儂らは心を関ケ原に置き、皆を見守った。

聞くに全国より集まりし武者達により、あついステージであったと。
嬉しきことじゃ。




して我らは、12月に向け進行中也。

魂に刻むものを、皆に届けると約束しようではないか。

さあ皆、共に出陣じゃ!


三成
posted by 関ケ原東西武将隊, at 11:58 | Comment(7) | category: 石田三成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月19日

二〇一二年九月十五日:徳川家康

家康であるぞ。

久々のぶろぐ更新じゃ〜、少々緊張するわい。


何しろ12月まで関ヶ原の地において、我らの出陣予定はないわけじゃが、
我らにとって最も重要である、運命の「九月十五日」。

この日を忘れるわけにはいくまい。というわけで、わしは当日の朝、関ヶ原の地を物見して回ったのじゃ。

RIMG0041.JPG

まずは昨年、東軍が出陣した丸山烽火場である。
今年も関ヶ原の皆さんが、こうして開戦の午前8時に合わせ、烽火をあげる準備をしておった。


RIMG0013.JPG

特に昨年と違うのは、大筒が配置されたことじゃ!
下準備をし、その時を待つ・・・・・・



そして運命の8時。いざ、開戦!!!

RIMG0022.JPG

町内放送で法螺貝の音が鳴り響いた後、白く分厚い煙がもくもくと昇り始めた。
そして三連弾の大筒が幾度に渡り轟音を上げる。近くにおるとなかなかに凄い音であった。


RIMG0038.JPG

白煙たなびく丸山から関ヶ原を望む・・・・・・412年前そのものの情景が広がる。
烽火係の皆さん、大儀じゃった!!!







さて、丸山を後にし、笹尾山へと歩を進める。


RIMG0044.JPG

既に刈り取られた田畑もあったが、


RIMG0052.JPG

黄金色の稲穂たちも風に揺られながら出迎えてくれた♪


RIMG0043.JPG

さあ、秋を待つ笹尾山がみえてきたぞい☆


RIMG0051.JPG

朝方にひとしめりあったばかりであったが、ありがたいことに早い時間から多くの者たちが笹尾山を訪れていたわい。

この時代に蘇ってから早や一年。今日は初心に立ち返り、石田三成陣跡の案内板の音声を最初から最後まで聞いてみた。初めてこの地を訪れる者たちの気持ちになって、な。


RIMG0049.JPG

曇り空の下でも十分に美しい、我らの関ヶ原。
この輝きを、これからも多くの者たちに知ってほしい。

決意を新たにした次第じゃ。


RIMG0055.JPG

秋の関ヶ原はいべんとも盛り沢山じゃ☆
皆の衆、またいつでも遊びに来るがよいぞ!!!!


いへやす
posted by 関ケ原東西武将隊, at 23:41 | Comment(3) | category: 徳川家康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月12日

笹尾山交流館:井伊直政

井伊であります。

皆こんばんはじゃ!!宵はだいぶ涼しくなってきたのぅ。
関ケ原では彼岸花がもうすぐ見られる頃じゃな〜。

関ケ原古戦場の決戦地のまわりでは彼岸花が沢山咲くんじゃよ。



誠 見物じゃてこれは見ておく価値ありじゃ!!

そして決戦地を真っ直ぐ歩くと左手に
は、『笹尾山交流館』っちゅー場所があるんじゃな。まぁ知ってるもんもたくさんおると思うが(笑)



入口の中に入って右側にはお土産処があり、関ケ原名物"やぎ乳アイス"、"関ケ原せんべい"その他にも関ケ原オリジナルグッズなど沢山置いてあるぞ。

そして最近、新しく出来たらしいんじゃが、



島左近ならぬ、『島サロン』という休憩処。

…店の名前はともかく、

ここは誰もが入れて甲冑体験も出来たりする。

トイレもあるし体調が悪くなったり怪我したり緊急の時などは必ずここへ入るんじゃよ。

儂らがこの地に来た時は甲冑体験の場所しかなかったが、だいぶ賑やかになってきたのぅ。

それもこれも皆が快適でいられるようにとのことじゃ。

ええことじゃな!

関ケ原に来た際は是非立ち寄るが良い☆


井伊直政
posted by 関ケ原東西武将隊, at 22:29 | Comment(1) | category: 井伊直政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月10日

ミルク:本多忠勝

写真.JPG忠勝じゃ

皆々、久しいのう。
わしは『400年の襷』に備え、様々な準備に取り掛かっておる。
何事も準備を万端にして臨まねば、すぐに足元をすくわれて仕舞うからのう。

朝や夜はかなり涼しくなって
きておるが、まだまだ暑い!!

という訳で、
すっかりやぎ乳アイス宣伝部長と化している、わし本多忠勝がやぎ乳アイスの新味やぎ乳アイス新味、ミルク味について語ろうと思う。

口にいれてまず思う事、

『み、みるきぃーーーー☆』

やぎ乳は少し独特のクセがあるんじゃが、この新味ミルク味はそのクセをほとんど感じる事がない。
まさに牛乳の甘い風味が見事なマッチングをみせておる。

牛乳を上回る栄養満点のやぎ乳がこんなに美味いものになって
生まれてくるとはのう〜

他にもフランボワーズ味(いちご味)というなんとも洒落た味も登場してきておる。

皆々も関ケ原に寄った時は是非食べてみて欲しい。

あと、
たった50円をプラスするだけでWになるからの!お主だけの味の組み合わせに挑戦してみるのもよいじゃろう。


最後に
わし的にやぎ乳アイスで増やして欲しい味は……

【杏仁豆腐味】じゃ☆

maymay殿、是非御一考くだされ〜(笑)

次回はやぎ乳アイスの製作秘話なども語ろうと思う。


では皆々、またの!!

本多忠勝
posted by 関ケ原東西武将隊, at 08:36 | Comment(5) | category: 本多忠勝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。