2011年12月29日

出会い:井伊直政

井伊であります。

皆へ

たくさんの笑顔ありがとう。

たくさんのやさしさありがとう。

たくさんの勇気をありがとう。

たくさんの想いをありがとう。


"出会いは偶然でなく必然である"

儂らと皆の出会いも必然である。

何かしらの意味があって儂らは繋がっているはずじゃ。

その意味はまだわからないかもしれないが、何年後、何十年後かにきっとわかるはずじゃ。


きっとまた会える…。


皆で信じよう。


さよならじゃない。


また会おうぞ!!


その日まで。





井伊直政


posted by 関ケ原東西武将隊, at 02:42 | Comment(36) | category: 井伊直政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月28日

立ち上がれ!!:井伊直政



関ヶ原に儂らが甦った当初はなかった看板じゃ!!

関ヶ原を通った人達に、
『ここが関ヶ原だということを知ってほしい!!』

という理由で作ったそうじゃ。

ここのご主人は、儂ら関ケ原東西武将隊の活動をずっと見ていてくれて、とても感動してくれたという。

まだ一部かもしれないが、儂は本当に"大きな一歩"を踏み出してくれたと思っておる。

嬉しかった。

関ヶ原はまだまだこれからじゃ!!


『立ち上がれ関ヶ原!!』


さぁ、儂らは本日ラストステージ。


来れないものたちの意思も受け、最高のステージにしようぞ!!

来てくれる者たちはこころの記憶に儂らを焼き付けておくれの!

では、また後でじゃ!!


☆直政☆

posted by 関ケ原東西武将隊, at 04:41 | Comment(10) | category: 井伊直政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月25日

夢:井伊直政

井伊であります。

忍城遠征、一昨日のクリスマス会、そして今日のラストパフォーマンス、あっという間に過ぎていった…。

だが、出来事は鮮明に覚えている。

本当に愉しかった。


来てくれた者たち、応援してくれた者たち、お世話になった者たち、本当にありがとう。

そんなイベントがたくさん続く中、儂は昨夜『夢』を見た。

"皆の夢"を見た。

皆と儂らが肩を組んでなぁ愉しそうに笑っとる夢じゃ。


まぁ、ただそれだけの夢なんじゃが儂の中では本当に嬉しい夢じゃった。




夢にまで出てくるとは、気付かないうちに儂の中で皆が相当大きな存在になっているんじゃね。

嬉しきことじゃな。


また明日から皆に会えるのが更に楽しみになったわい。


ではまた明日!


※ただ、関ヶ原まだ雪が降り続いているから決して無理だけはしないでくれの!!


☆直政☆

posted by 関ケ原東西武将隊, at 22:33 | Comment(24) | category: 井伊直政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月23日

襷:井伊直政

井伊であります。

今日も沢山の出会いに感謝じゃ。

皆、寒い中本当にありがとうの。




上の写真は先日、関ヶ原町内の幼稚園に訪れた際に"チャンバラごっこ"で使用したものじゃ。

童たちが前日に一生懸命作ってくれ
たようでの、儂は有り難く頂戴した。

それにしても、童とは何故あんなに無邪気なんじゃろうな。

楽しければ思いっきり喜ぶ。

つまらなければ本当につまらなそうにする。

皆、素直なんじゃ。

そんな童たちは最後に『さんぽ』という歌を儂らにプレゼントしてくれた。

この歌をなんの汚れもなく歌う童の姿に儂は心打たれた。

"ともだちたくさん、うれしいな"

この歌詞が儂は大好きじゃ。



何度も云うがな、関ヶ原は誠良き場所じゃ。


この素晴らしい関ヶ原の魅力を今の童たちにも、もっともっと知ってもらいたい。

そして儂ら大人達は童たちに、この地で起きた"大きな戦"、そこで死んでいった沢山の者たちの"意志・想い"を代弁者となり語り継いでいかなければならないと思うんじゃ。


そして此奴らが大きくなり、今度はそれを自分らの子へと語り継いでゆく。


まさに"襷"じゃね。



これがこの先何十年、何百年ずーっと続いていくことを願う。


☆直政☆





posted by 関ケ原東西武将隊, at 03:14 | Comment(8) | category: 井伊直政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月22日

笑:井伊直政

井伊であります。

本日、東軍のみのおもてなし最終日じゃった。

夢のような一日であった。

本当に沢山の者が関ヶ原に訪れてくれた。

"ありがとう"

最初の頃は儂ら東軍に会いに来てくれる者がひとりもいなかった日もあった。

…。




帰り道、日が暮れる瞬間に立ちあうことができた。

不思議じゃな…。

眺めているとな皆のひとりひとり笑っている顔が浮かんでくるんじゃ。

胸が熱くなる。

きっと皆もそうじゃろうな。


だが、皆よ。

"笑おう"

儂らはこの命尽きるまで突き進む。

だから笑顔で応援してくれ。

『笑顔になれる町、関ヶ原』

いつでも遊びにおいで。



明日より関ヶ原東西武将隊六武将揃ってのおもてなしじゃ。

儂らは六人で一つ。

更なる進化を遂げるだろう。


明日も皆に会うのが楽しみじゃ☆

どんな"出会い"があるじゃろうかね。



☆直政☆
posted by 関ケ原東西武将隊, at 01:24 | Comment(12) | category: 井伊直政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。