2011年12月23日

新しき友:大谷吉継

「皆、こんばんはー!」の、吉継です。

ついに、今日は現世に甦ってからの念願であった忍城を訪れることができたのだ!

忍城攻めに関する話は昨日書いたの〜。

久しぶりにお会いした、長親殿。

誠に将器の大きさ計り知れぬお方であったのだ〜。

行田の地を訪れた者たちの心を掌握する人間力。

並々ならぬお方じゃぁ。

忍城長野口にて、それがしと戦を繰り広げた柴崎和泉守殿。

あの頃と変わらぬ勇ましさ。
やはり豪傑さを感じたのだ。
かっこよかったの〜。

今日は二人で仲良く写真を撮影したのだ!

あの頃のわだかまりも、氷のように溶けていく気がしての。

その写真は…

忍城おもてなし甲冑隊のブログにて!
http://s.ameblo.jp/oshijo-omotenashi/

皆、この機会に忍城の方々のブログも読んでみておくれ☆
とても、楽しい記事ばかりなのだ!

正木丹波守殿の眼光の鋭さ、しかしとても物腰柔らかであり、ここに真の武者を見たのだ。
"漆黒の魔人"は、健在であったの。

酒巻殿の、整った顔立ちや優しい性格から出される風のような爽やかさ。
あの笑顔は、足軽や皆々の心を掴んで離さないものであるの。


甲斐姫の、はつらつとした雰囲気の中に混じる勇ましさと、薙刀を用いた演舞の優雅さ。
しっぽ取りというゲームでは、大の大人が寄ってたかって真っ先に甲斐姫のしっぽを奪いにかかるという大人げない大暴挙に出るほど、男顔負けの勇ましさであったのだ。

そして、行田の地を訪れた皆々の暖かさ。

彼ら5人の魅力によって忍城にお客さんが絶えないのだということをとても感じたの〜。

我らの余命はあと5日であるが、忍城おもてなし甲冑隊は、来年さらに盛り上がること間違いなしなのだ!

是非、遊びにいっておくれの〜(^O^)/

明日はクリスマス会!
週末の関ヶ原は寒波襲来だそうなのだ〜。
着込むこと、必須なり!!

追伸
「忍城じぇみぇしょうだいしょう(忍城攻め総大将)」のことは、今日いた皆の心の中に留めておいておくれの〜(笑)

最後は、三成の記事と同じ構図で撮った長親様との写真をば。
本当に良き一日であったの☆

image-20111223205139.png


posted by 関ケ原東西武将隊, at 20:52 | Comment(11) | category: 大谷吉継 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月22日

進軍:大谷吉継

「皆、こんばんはー!」の、吉継です。

明日はいよいよ、忍城おもてなし甲冑隊訪問なのだ。

1590年に太閤殿下による小田原攻めのために向かった武州の地。
それがしは、館林城と忍城攻略の総大将を任された三成と共に、武州へ向かったのだ。

まだ病にかかる前での、戦場の裏の事務をこなす三成を補佐しておったのだ。

殿下の高松城水攻めの規模をはるかに超える水攻めの策を三成はとったが、それでも忍城は落城しなかったのだ。

関東の武者の心の強さ、武勇に心底感嘆の念を抱いたものだの。

あのときは、殿下の天下統一を成し遂げるために、忍城を治めていた成田家、家臣、皆城外へ追放という処分をとってしまった。

しかし、今の世で成田家臣団は再び忍城を守っている。

何とも嬉しい限りなのだ。

長親殿、正木殿、柴崎殿、酒巻殿、甲斐姫。

皆にお目にかかるのが楽しみだの〜。

いざ、関ヶ原から埼玉は行田へ!

今日は、お腹に悪そうな物は食べないのだ!

三ヶ月前に三成・左近殿と忍城へ向かったものの、激しい腹痛のために、行田の地を踏むことのできなかった吉継でした。

明日は、実は忍城リベンジなのだ!!
posted by 関ケ原東西武将隊, at 19:57 | Comment(13) | category: 大谷吉継 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月20日

天空の城:大谷吉継

「皆、こんばんはー!」の、吉継です。

今日は、東軍が出陣の日だったの〜。

武将学校、話を聞くからに楽しそうだったのだ!
出席してみたいものだの〜。

それがしは、今日は竹田城址に行って参ったのだ!

image-20111220003927.png

信長様の指揮の下、太閤殿下の攻略によって攻め落とされた竹田城。
殿下の弟君・秀長様が城主になった城でもあるの。

その後城主になった、赤松広秀殿も殿下の下で共に戦った、縁のある者だの。
関ヶ原では、西軍敗北の後、東軍に寝返ってしまったがの。

ふむ。

image-20111220003906.png

今は城はなくなり、石垣がそびえ立つのみの、日本屈指の山城・竹田城。

image-20111220003832.png

ここから見える広大な但馬の地。

これは、一見の価値ありなのだ☆


posted by 関ケ原東西武将隊, at 00:40 | Comment(17) | category: 大谷吉継 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月15日

登山:大谷吉継

「皆、こんばんはー!」の、吉継です。

今日は、ついに。

現代に甦ってきて、初めて松尾山に登ることができたのだ。

朝方は、関ヶ原は雨が降っておっての。

危うく中止の心配もあったが、次第に晴れ間も覗いてきて、無事に松尾山を皆と歩くことができたのだ☆

山頂では、皆と共に昼食。

先日のお茶会に続いて、今日も3人がおにぎりを振る舞ったのだ!!

三者三様の具材での、三成は昆布、それがしは鮭をほぐしたもの、左近殿はみょうがと大葉と肉味噌を混ぜたもの。

包み方にも性格が出るの〜。

それがしは、相変わらず大雑把だったのだ(笑)

しかし、松尾山頂から見る景色は感慨深かったの。

激しい戦が繰り広げられてある場所がよく見える割に距離は遠いから、決断に迷ってしまうわけだの。

小早川様の境遇は、その本人にしか分からない。

憎くもあるが、あのお方は人生の全てが板挟みのようだったからの。

裏切る境地に共感はしないが、辛い立場であったことを汲み取ることはできる。

是非再会して、お話させていただきたいものなのだ!

image-20111215233638.png

※写っている者たちの了承は得ておるのだ〜。
というよりも、それがしの顔が全く写っていない!!
posted by 関ケ原東西武将隊, at 23:37 | Comment(10) | category: 大谷吉継 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月14日

感動を共に:大谷吉継

「皆、こんばんはー!」の、吉継です。

今日も昨日に引き続いて、夏以来に久しぶりにお邪魔する場所へ行って参ったのだ☆

その場所とは…。

大好きな、マーブルクラフト!!

ここにはの、たくさんの石像などが展示されておるのだ。

image-20111214222008.png

image-20111214222032.png

大理石から作られる芸術性高い作品の数々。

image-20111214222054.png

関ヶ原といったら史跡ばかりの印象があると思うけど、本当に素敵な場所なのだ!!

石そのものも、多数展示されておるの☆

image-20111214222138.png

image-20111214222159.png

無機質の中に宿る生命の息吹。

はぁ〜、癒されるのだ!!

思えば、夏にマーブルクラフトに来た頃は我ら3人だけじゃった。

それが今日は、溢れんばかりの皆と共に芸術を分かち合えたことが嬉しくての☆

たくさんの者たちが初めてマーブルクラフトを訪れ、そして、その魅力に惹かれてくれたこと、本当に嬉しかったのだ(^-^)

明日はついに、因縁の松尾山へ…。

今からドキドキだの〜。
posted by 関ケ原東西武将隊, at 22:23 | Comment(10) | category: 大谷吉継 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。