2012年08月24日

皆々、お早う。:島左近

IMG_20120824_070450.jpg
関ケ原二日目の朝。

昨日の疲れはとれたかな?
儂は万全じゃ☆
…顔が若干ひりひりするがの(笑)



本日は六武将揃い踏みで、関ケ原のあちらこちらで撮影である。

皆ものんびりと関ケ原を楽しんでおくれ。
その際は、休憩、水分補給など忘れぬようにの。

では。

関ケ原におる者も、おらん者も良き一日を過ごされよ!




行って参れぇぇぇぇぇぇぇっ!!!!!!!


posted by 関ケ原東西武将隊, at 07:13 | Comment(2) | category: 島左近 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月23日

この夕陽:島左近

IMG_20120823_172403.jpg
この夕陽が見たかったのじゃ!!

この夕陽に皆の笑顔、駆ける姿がかさなるわ。


明日もこのような美しい夕陽が見られるよう、尽力せねば。

今日来てくれた者達よ、ありがとうの!!
posted by 関ケ原東西武将隊, at 19:48 | Comment(11) | category: 島左近 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おはようさんじゃ!! :島左近

TS3R0199.JPG
今日も太陽は本気じゃな!

我らも負けぬよう、一瞬一瞬をしかと歩んで参るぞ。


本日関ケ原に参る者よ!
体調に留意しながら、ひと夏の思い出になるよう皆で朗らかに過ごそうぞ!!

そして、来られぬ者達も、それぞれの一日をしかと過ごしておくれな!


それでは皆の者…





行って参れぇぇっ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
posted by 関ケ原東西武将隊, at 08:22 | Comment(5) | category: 島左近 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月22日

明日の鬼コースについて:島左近

皆の者、元気でやっておるか?
儂は明日から始まる関ヶ原での日々の為、着々と心・技・体を研ぎ澄ましておる。


さて、昨夜Twitterにて先行で呟かせてもらったが、改めてこちらでも「鬼コース」について書かせて頂く。

明日の木かげ制覇ウォーキングにて、儂が案内する鬼コースの目的地は「グリーンウッド関ヶ原」也。

関ケ原町歴史民俗資料館を、馬にて出立し、旧中山道を辿り、グリーンウッドへと向かう。
グリーンウッドにて、しばしの語らいをした後、歴史民俗資料館まで帰るのじゃ。
道中は休憩を取りながら、ゆるりと参る。

しかし、体力的にきついのは事実じゃ。
自信の無いものは、殿や大谷様のコースをお勧め致す。

参陣希望の者は、今晩から滋養のある食事を取り、しかと睡眠を取るのだ。

明日も朝餉、もしくは昼餉をちゃんと取り、水分も飲みすぎるくらいに摂取しておいておくれ。

勿論、儂もそうする。

先程、一時間半程度の野駆けをしてみたのだが、しかと準備をしておけば危険な状態にはならん。
しかし、当日の天候によっては目的地変更になる可能性もあるからの。
なんせ、鬼のようなコースじゃて、容赦致せ。


かような激しい道のりになってしまい、不満や不安を抱える者もおると思うが、わしは思う。

真に心動かされるのは、自らの労を経て何かを達成した時じゃ。

グリーンウッドに着いた時、もしくは歴民に帰り着いた時、これまでとは違う光景が見られる筈じゃ。
儂はそう信じておる。


いやはや、なんとも爺が言いそうな苦言じゃな(笑)
しかし何事も準備が肝要じゃて。

最後に。

明日から始まる四日間、我らは再び関ケ原に立つ!!!!

関ケ原にくる者も、来られぬ者も、皆が少しでも楽しめるよう尽力してゆく。

皆も、心ゆくまで楽しんでおくれ。


では、またの。


関ケ原東西武将隊 島左近清興
posted by 関ケ原東西武将隊, at 17:17 | Comment(1) | category: 島左近 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月07日

一年前のそなたらへ:島左近

TS3R0436.JPG
関ケ原町の皆々様、
そして、関ヶ原を愛する者達よ…。


こうして皆に文を書くのも久し振りじゃな。


一年前の今日、我々関ケ原東西武将隊は関ケ原の地に立った。

嘗ての戦場の匂いは鳴りを潜め、四季折々の風情を色濃く感ぜらるる美しい地となっていたのが印象深いわ。

関ケ原という地で大戦が繰り広げられたのは、もはや時勢と天命であるとは思うのだが、だがしかし。

流れはどうあれ、そこで数多の者が命を散らした大地である事に変わりはない。

儂は一年前のパフォーマンス前にふと、こんな事を思った。

「これは四百余の時を超えた供養である」

それは今でも変わらぬ。

笑顔で喜びを噛み締め、それを友らと分かち合う事で、きっと何かが変わってゆくと思うのだ。


殿の笑顔を思い出してみよ。


あの時は常に苦虫を噛み潰したような顔をしておった人間が、こんなにも破顔一笑、微笑んでおるのだ。


人は変わってゆくもの。


時代も変わってゆくもの。


であるならば、暗闇に射し込む一筋の光を求めて前に歩き続けなければならんのだと。


儂はそんな風に思うんじゃ。


では、またの。


暑い毎日が続く故、しっかと自愛せぇな。



関ケ原東西武将隊
島左近清興
posted by 関ケ原東西武将隊, at 17:58 | Comment(5) | category: 島左近 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。