2012年12月31日

「四百年の襷」覚書:島左近

この日、いよいよ我らの長きに渡る鍛錬が具現化する事となった。

足軽共も誠に良き顔である。
前日に町の皆々に観ていただいた事で「本分」が腑に落ちたのであろうな。
言葉としてのそれよりも、やはりその眼で見て肌で感じたものの方が確かなものになる。


我らの「本分」は、しかと皆に伝わった事と思う。
そなたの眼には、如何に映ったかのぅ。
機会があれば、その声直に聞きたいものじゃ。


さて、ここからは儂の「四百年の襷」に込めた思いを記していこう。
誤解のないように言うておくが、あくまで儂の私見じゃからの。皆と想像や思考とは異なる部分があるかと思うが、気にするなよ。
人の生とは見方を変えればどうとでも移るものじゃて。
それを凝縮した「舞台」なら、尚更それが色濃く反映されるものじゃからな。


儂が込めた思いは「歴史の闇」じゃ。


四百年前と言えば長いように感じられるが、世代で言えば七、八世代前の話。
けして昔々という訳ではない。
故に、未だに過去の因縁を抱えている部分もある
単純に戦というものは命を粗末に扱うものであるし、そこに正義だのという美学はそぐわない。
そしてその死の上に成り立つ歴史とは必ずしも美しいものではない。
時に無様に地べたを這いずり回り、泥と血にまみれて綴られたもの。
そこから目を背けてはならんと、儂は思うておる。


「四百年の襷」の最後のシーンはとても美しい。
雪降る中、かつての戦友達が佇む。
その中に黒き姿の男がおる。
その男は誰でもなく、関ケ原の大戦で命を散らしていった者達じゃ。
歴史に名を残す事なく消えていった者達が、それで安らかになれるとは思わん。
しかし、あの日目の前で散っていった者達への感謝と後悔が、今も儂の心にあるからのぅ。


今も各地に争いは絶えず、人は過ちを犯してゆく。
しかし、それと同じくらいの奇跡も起きる。
そして、人は日々力強く生きてゆく。
辛い時には泣けばよい。
楽しかったら大声で笑えばよい。
自らの生は自らの手で創り、その足で歩むものじゃ。


最後に、関ケ原東西武将隊を支えて下さった関ケ原町の皆様、関係者、スタッフの皆様には本当に世話になった。役場の方々は常々儂らの我が儘を聞いていただき、いくら感謝しても足りないわ。
本当に有り難う。


そして、今年の我らを応援してくれた皆々よ。
ありがとう。
そして、さらばじゃ。
来る2013年を良き年にな。






生を受け 朱に染まりし 我が道に
去らばと告げん 我が刃
思い積もりて 関の原
潤む世界は 白銀の中

関ケ原東西武将隊 島清興
posted by 関ケ原東西武将隊, at 15:35 | Comment(1) | category: 島左近 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月28日

駆ける:島左近

IMG_20120823_124246.jpg
「何千もの人が死んだ地」

悪の魔法使いに乗っ取られたえつこお姉さんが言うておった言葉じゃ。

確かに結果だけに目を向ければそうに違いない。



しかし。

我らは死ぬ為に戦った訳ではない。

主君の為、家族の為、己の夢の為…

その為に「生きたい」と強く思ったのだ。



それは今も変わらん。

殿の夢に最後まで付き従うが、儂の望み。

であればこそ、我らは尋常ならざる「生の輝き」を放っていなければならん。

故に、あの四日間はそれを突き詰めようと決めたのじゃ。

会いに来てくれた皆々に、言葉ではなく一人の人間が放つ生きる輝きを感じて欲しかった。

同時に、皆にも自分が持つ本来の輝きを感じて欲しかった。

グリーンウッドまで馬を走らせたのも、散歩でなく駆け足をしていたのも、すべては己を追い込み、その先にあるものを欲したから。

結果、熱中症になろうが、地面に這い蹲ろうが、構わんと思うた。(まぁ、実際にそうなっておったが)

例え
惨めな様をさらし、愚かだと罵られようが、構わんと思うた。

それよりも、己が己自身に納得できぬ事の方が、儂は受け入れ難い。


一方、皆に迷惑をかけた部分もあるだろう。

一緒に散歩したかった者もおるだろうし、鬼コース島隊の皆も道中楽しい事ばかりではなかった筈じゃ。

すまんな…。
じゃが、どうしても己にだけは負けたくないんじゃ。

そして「何千もの人間が強く生きようとした大地」である関ヶ原を背負っていかねばならんのだ。


関ヶ原を愛するすべての者よ、

これからも、笑顔と絆を輪を広げてゆこう。

我らと共に。




島左近清興より
posted by 関ケ原東西武将隊, at 22:49 | Comment(9) | category: 島左近 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月27日

大樹のごとき :島左近

四日間、関ケ原の大地に立ち、
それが終了した今。
己の心に根を張るように、確かに感じる事。

それは皆への感謝。

この四日間、幾度となく皆の笑顔や言葉に励まされ、力を貰い、背中を押された。



己の限界を振り切って何かを達成しようとする時には、必ず傍らには「人」がいなければならい。

三成様、大谷様のような尊敬し、信頼し、彼らの為であれば死ねると思える「人」

忠勝殿のような、立場は違えど境遇は近く、互いに良き好敵手としての「人」

内府殿、直政のような、己にない輝きを放つ「人」


そして共に喜びを分かち合える「人」
それは紛れもなく、皆々である。

共に関ケ原で、笑い、励ましあい…
そうして、皆それぞれが人生の一頁に彩りを加えてゆける。

なんと、素晴らしき事であろう。

そして、心底そう思わせてくれる皆への感謝で、儂の胸は一杯じゃ。

「ありがとう」

関ケ原に根を張る大樹のように、我ら「関ケ原東西武将隊」が成長できたのは、我らと皆との「絆」あっての奇跡也。

12月、再び逢える事を楽しみにしておるよ。

それまで辛い事や苦しい事もあるじゃろうが、腐らず、怠けず、共に歩んで参ろうぞ。

四日間、本当にありがとう…。



最後に、この四日間の為にお力添えを頂いた、役場の皆様、町の方々、スタッフの皆々様に厚く、御礼申し上げる!!!!!!!!!


ではみな、良き夢をな☆
お休み。




関ケ原東西武将隊 島左近清興


posted by 関ケ原東西武将隊, at 00:15 | Comment(7) | category: 島左近 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月25日

ありがとう!!! :島左近

関ケ原東西武将隊、本日の活動終了じゃ!


今日も酷暑の中、沢山の方々に来ていただき恐悦至極。

皆も暑いであろうに、我らの体調を気を使って言葉をかけてくれる皆々には本当に沢山の力を頂いた。

ありがとう!

明日は我らの真骨頂、ステージパフォーマンスじゃのぅ。

暑いからといって、儂は守りには入らんぞ☆

汗水垂らさずして、武士足りえんからの。

精一杯のステージパフォーマンスをお見せいたす!

では、本日も…


お疲れさんじゃ〜〜!!!!!!!!!!!













ちなみに、明日のスケジュール。

パッと見は、至って普通であるが…

楽しみに致せ☆
posted by 関ケ原東西武将隊, at 16:52 | Comment(6) | category: 島左近 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月24日

懐かしの:島左近


かつて、我らが武将ラジオを放送しておった東西スタジオ前にて。

ガラス越しに見える三成様達の姿がなんにもない光景の中に浮かんで見えるわ。


こうして関ケ原に立つ度に、かつての思い出が脳裏を次々に駆け抜けていく。
時には自らの足跡を辿る事も悪くはないな。

そうして改めて、行く末を見据える事ができるのじゃ。

関ケ原よ…ありがとう。

posted by 関ケ原東西武将隊, at 13:05 | Comment(1) | category: 島左近 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。