2012年12月02日

12/2(日)ファイナル:井伊直政

井伊であります。

ついに我等の集大成、『四百年の襷』千秋楽を迎えた。

昼の部は我等の"ふれんどり〜してぃー"であるグレート家康公「葵」武将隊の方々が応援に駆け付けてくれた。



榊原康政殿にもようやく逢うことができた。
現世では武術の他に唄もうたえるようになっておった(笑)

誠 愉しい時間じゃった。

グレートな殿や半蔵殿にも逢えたしの☆儂は幸せじゃった。

夜はついに千秋楽。

全員が今まで以上に団結した。凄い力じゃった。作品も今までで最高な出来じゃった。

そして最後の『ファイナルセレモニー』皆のくしゃくしゃになった笑顔、泣き顔が目に焼き付いておる。

忘れられない。

最初から儂等をずっと応援してくれていた者達、途中から知ってずっと応援してくれていた者達、様々な事情
がありなかなか来れないが応援してくれた者達、沢山の想いがこの『四百年の襷』を通して繋がった。




あれから400年経った今、変わらず山河は在り、思いはその風景の中で眠っている。

儂等のおもいは関ケ原の風となりこの地に舞い続ける。

いつでも儂等は待っておる。



旨い飯も沢山あるぞ(笑)


さよならは云わん。


また逢おう、さらばじゃ!!



関ケ原東西武将隊

井伊直政
posted by 関ケ原東西武将隊, at 23:50 | Comment(2) | category: 四百年の襷 パンフレット連動型 出陣覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
全公演観ることができましたが、四度とも必ずどこかで声を出して笑い、必ずどこかでぼろぼろ泣いてしまいました。
幕開いた直後のあの不意打ち『Everyday,甲冑』。
昼の部のイベントのときも、手が真っ赤になっているのにも気づかないままノリノリで手拍子してました。
左近さんが昼の部で言われた「ファイナルイベント、皆の期待を裏切るぞ」。
ホントにいい意味で裏切られて、真ん中通路から始まった練り歩き、ずーーーっと続く練り歩き、緞帳開幕の儀式に、
極めつけの武将足軽観客総立ち総踊り『Everyday,甲冑』で、自分の湿っぽかった気持ちがからりと晴れ上がりました。
おかげでもう最後はノリノリで踊ってしまいましたw。

『四百年の襷』が自分とても好きで、ミニ合戦劇のころから好きで、関ケ原に通い始めた大きな理由でもありました。
なので、この合戦劇上演のお知らせを知ったときは、もう、本当に喜びました。
関ケ原で武将隊の皆さんが演じられる関ケ原の戦いを、もう一度観ることができる。
もすっごく、喜んでしまいました。
同じ内容でも嬉しいのに、江戸からの足軽隊参加に話により厚みや深さ幅がでて、大筋は同じなのにこうも話は
変わるのかと驚きもしました。

劇の感想は語り出したら長すぎるので割愛しますが、会場前の物販の行列、そっこう売り切れてしまったガチャガチャ。
初日昼の部の初会場の儀式に、「ぎしき…?」とざわめきが起こった光景も、どれも忘れません。
活動が終わってしまったのは正直寂しいですがこの二日間、この一年間、みなさんを知ることができ、関ケ原に行けて、
この公演をじかに観ることができてとても幸せです。
ファイナルセレモニーのトリプルカーテンコールの緞帳が下りるとき、他の方々の声援に乗じて思わず叫んで
しまいましたが、あらためて書きます、ありがとうございました。
とても愉しかったです。

長々ととりとめないことを書いてしまいすみませんでした。
また、みなさんの姿なくとも、みなさんの思いに会いに関ケ原にうかがいます。
重ねて、愉しい時間をありがとうございました。
Posted by 1682 at 2013年01月01日 00:30
もう、何処へいっても井伊さんと会えないのでしょうか?
Posted by なつ at 2013年02月24日 03:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。