2012年12月31日

関ケ原の夕陽に向かう:石田三成

三成である。


image-20121231201935.png


四百年の襷公演を終えた翌日、
我らは関ケ原町への御挨拶周りの陣と相成った。


image-20121231202116.png


想いの決着地、関ケ原。

儂の想いもまた、この地に。

そしてこれからも、この空の下、皆の心の中に想いは眠っている。

思えば、我らがこの地に降り立ち、町を愛し、皆を愛し、共に駆け抜けたこの時。
長い様で短き時の流れであった。

心から楽しかったぞ。
それも、皆のおかげである。
ありがとう。

これからも関ケ原の地を宜しく頼んだぞ。

我らの襷を繋ぐのは皆。

案ずるな、我らの心は皆と共にある。

すぐ後ろから、しっかり見守っておる。
感じよ。

己が背を自身で見れぬ事と同じ也。
前を向いて行け。


まもなく年が明ける。
皆にとって幸大き新年がやってくる。

さあ行け、儂が背中を押してやろう。
新たな門出じゃ。

誇りを胸に、いざ出陣也!


image-20121231203720.png



関ケ原東西武将隊
石田治部少輔三成





posted by 関ケ原東西武将隊, at 20:38 | Comment(6) | category: 石田三成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
三成さま

とてもあたたかい言葉を
自然に笑顔になる言葉を
ありがとうございます。

三成さまと出逢えて幸せです!
もう一度。ありがとうございます!!
Posted by 舞 at 2012年12月31日 21:00
三成様。

年末のこの大晦日に
このようなサプライズブログを頂けるとは思いもしませんでしたので
胸いっぱいの感謝と喜びと幸せが
いりくんでなにが何やらわからない状態です(*≧∀≦*)

昨年に引き続き、今年も
まさかの復活に幸せがこんなに続いていいものなんだうかと
夢なら覚めないでと願うドキドキの1年でした。

本当に本当に本当に感謝しております!

素敵な1年をありがとうございました(^〇^)

襷は確かにこの手にしっかり握りしめておりますのでご安心を!!!

Posted by 雪姫 at 2012年12月31日 21:51
こんばんわ.
今年、最後のこの日、どのように過ごされてるのでしょうか。
たまたま覗いた時に、こんな嬉しいブログ。
年末の締めくくりに良い夢が見れそうな...
これからも前を向いて行きましょう。
Posted by ぷーらいおん at 2012年12月31日 22:15
殿さま方に もうお目通り叶わぬと思っていた去年の今日。
今年は、殿さま方からの贈り物のような 一年でございました。

去年と同様に、関ヶ原の町をウォーキングで何回か歩き、
関ヶ原の町未体験の友人を巻き込んで、殿に逢いにも参りました。
関ヶ原だけでなく、佐和山へも参り合戦の前後の事を考えてもみました。
沢山 想い出があります。

後ろに殿さま方の存在を感じながら歩いて行くなら、怖いことも
ございませんね。
前を見据えて、襷をしっかり握りしめて、(でも時々寂しくてべそかく
かもしれませんが)明日と言わず今日より参ります。

いざ、出陣!
Posted by 夕顔 at 2012年12月31日 23:52
三成様、明けましておめでとうございます!
ブログの更新ありがとうございます。
私は昨年皆様の事を知ったので、関ケ原東西武将隊に会いに行けたのは5日間だけです。
でも武将様方の一生懸命な姿を画面を通してではなく目の前で見て感じる事が出来のでとても嬉しかったです。
四百年の襷から1ヶ月たってもまだ寂しさを拭いきれなかったのですが、三成様の言葉で武将様方が後ろについててくれるなら寂しくないと思えるようになって来ました。
力強いお言葉ありがとうございます!
立ち止まりそうになったらこのブログを見て頑張りたいと思います。
本当にありがとうございました!
Posted by メイリン at 2013年01月01日 18:04
三成さま


お会いできて、本当に良かったです

人生のうちに、この言葉を捧げられる人たちに出会えたことは幸せです


ありがとうございました


いつかワタクシがそちらに参りますまで、さようなら

大いなる歴史の中の、ほんの一瞬の間にまじわった時間

ずっと忘れません
Posted by にゃんたろう at 2013年01月09日 00:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。