2012年08月28日

人は鏡に似たり:石田三成

…。

…、三成である。

皆、我らとの関ケ原での四日間。
喜んでくれた様じゃな。

誠に、嬉しく思う。


さて、日曜の最終最後にて儂から皆に少しばかり話をさせてもらった。

あの時話せた言葉のみでは、言葉足らずと感じ、改めて皆が笑顔になる策。
これを論じてゆこうと思う。

「人間とは鏡の様なもの也」

誰かがクヨクヨしたり、塞ぎこんでいると、己もクヨクヨしてしまったりするものじゃ。

だが、己が、そして相手が笑顔でいれば、お互いに笑顔になってゆく。

それを見た周りの者も笑顔になる。

笑顔は繋がっておる、と言う事じゃ。

だがな皆…、無理に笑顔でいる必要はない。
やせ我慢はしなくてもよい。

己が辛い時は周りが。
相手が辛い時は己が。
手を差し伸べる事じゃ。

それと、何でも良い、楽しみを見つける事が大切である。

その一端を我らが担って行きたい。

さあ、共に輪をつくって行こうぞ!



これが、儂が講じる策である。

…以上。


三成


posted by 関ケ原東西武将隊, at 18:22 | Comment(4) | category: 石田三成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
三成様、4日間のおもてなし本当にありがとうございました(*^^*)
私は2日間しか行けなかったのですが、初めて平日のおもてなしに参加出来て本当に楽しかったです(^-^)
三成様と写真を撮っていただいた時、恥ずかしさと感激のあまり目を見ずに『ありがとうございました』と言えなかったのが失礼だったなと後悔しております(>_<)
そして、なかなかお会い出来ないからと写真やビデオ撮ってばっかりだったのもごめんなさい(T-T)

笑顔のお話、すごく心に残ってます。
私は今まで仕事だからってニコニコする事ばかりで、それで疲れてしまって普段余り感情を表に出さないのですが、関ケ原にいると自然に笑顔になります。
私の笑顔の源は関ケ原東西武将隊の皆さまです(*^^*)
皆さまからいただいた笑顔を私から家族や友達に広げて行きたいと思います(^-^)/

とても暑い中でのおもてなしで皆さまの体調だけが心配です(>_<)
なかなかゆっくりなどは出来ないかと思いますが、体が一番大事ですのでご自愛下さいね(*^^*)
Posted by メイリン at 2012年08月28日 19:11
今回、あんなにも行きたかった関ヶ原、行くことができませんでした・・・
今になって、「行けば良かった・・・」と悔やんでます。
いつまでたっても、一人では何もできない小心者・・・
一人では行く勇気がなかったなんて・・・バカですよね(>_<)。。。

三成様のお話、生でお聞きしたかったです。
ブログを読んだだけでも、胸が熱くなりました。
その通りだなって・・・少し心が楽になりました。

感情の起伏が激しすぎて、すぐ落ち込んでしまう。
なかなかこの性格は治らないけど、
好きなことを見つけて・・・
夢中になっていると、自然に笑顔になれます。
笑顔をくださった武将様達に感謝です。
ありがとうございます。


Posted by 瑞樹 at 2012年08月28日 22:03
4日間おつかれさまでした。
日曜日のみですが、関ヶ原に赴いた者です。
何度も礼を言ったのですが、再三こちらに感謝の言葉を書かせていただきます。
朝の散歩の時間、車輪のついた馬(自転車)にて散歩コースに向かう途中友人1人が熱中症で倒れたところを助けていただき本当にありがとうございました。
また、写真撮影の時にも気にかけていただいていただいていたこと、誠に感謝しています。
当人は帰りごろにはもうすっかり元気になっていたので、大丈夫そうです。

その散歩のときに、関ヶ原に集まった人たちはとても温かい人ばかりなのだと思いました。
見ず知らずの私たちに声をかけてくれた人、どうしていいかわからずに立ち往生していたところ助けてくれた人。
こういった人たちがいるからこそ、笑顔というのはおのずと生まれるものだと思いました。
そして三成様のお話し、とても心に残っております。
それと同時に今回の関ヶ原訪問で私の中に一番深く残っているのは、みなさんの笑顔です。
武将隊の皆様もそうですし、そこに集まった皆さんの笑顔も私の胸に深く刻まれています。
武将隊の皆様の笑顔が、関ヶ原に集まる人たちの笑顔へ、そして日本中の笑顔へ繋がっていると思います。

まだ暑い日が続きますが、どうぞお体にはお気を付けくださいね^^*
また関ヶ原を訪れたいと帰宅後何度も考えております。
そのとき再び、皆様の笑顔が見れますように…☆
Posted by 准季 at 2012年08月28日 23:16
こんばんは。
「人間とは鏡の様なもの也」と大谷さんの記事の「笑い合う」に、自分を含めた武将隊を見に来た人たちが、
関ヶ原で終始笑顔でいた理由を知りました。
常に温かい笑みを浮かべて全力でおもてなししてくれて、常にこちらを気にかけてくださる武将の皆さんを
見ていたら、自然とそうなりますよね(*´ω`)。
自分も共に輪を作れるよう、これから精進していきたいと思います(`・ω・´)。
Posted by 1682 at 2012年08月29日 00:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。