2012年05月28日

関ケ原東西武将隊とは?

戦国の聖地として、全国的な注目を集める関ケ原。

関ケ原東西武将隊は、関ケ原古戦場の魅力をアップするとともに、関ケ原における参加交流の促進を目的として結成しました。関ケ原合戦参戦武将の中から東西両軍を代表するそれぞれ3人の武将、西軍の石田三成・島左近・大谷吉継、東軍の徳川家康・本多忠勝・井伊直政の、あわせて6武将により構成されます。
2011年の8月から12月までの活動期間中、笹尾山にてステージパフォーマンスを行うとともに、関ケ原町内を鉄の馬(自転車)で駆け回り、町外にも積極的にPRキャンペーンにでかけるなど、さまざまなおもてなしやイベントを展開しました。仁王立ちや武将ラヂオなどの名物イベントも数多く生み出しています。
また、「参加できる武将隊」をテーマに、「関ケ原合戦」を題材としたミニ合戦劇をシリーズ開催し、ボランティア甲冑隊やマイ甲冑武者、さらには戦国ファンの皆さんと一緒に舞台をつくりあげました。

2011年12月28日、活動を終了しましたが、多くの皆さんの熱い声援にお応えし、2012年も年に数回のみ、限定復活することになりました。


posted by 関ケ原東西武将隊, at 18:00 | Comment(0) | category: 関ケ原東西武将隊とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。