2012年01月31日

時は永遠なり:石田三成

…。

…、まだまだ長い旅に幸あれ。

三成である。


皆、関ケ原を楽しんでおるか?

先日の、関ケ原東西武将隊写真集発売イベント。
本当に沢山の皆々が訪れてくれたようじゃな。

皆、ありがとう。

素晴らしいイベントになった様で誠に嬉しき事よ…。


我らは、今後も皆が関ケ原を堪能してくれる事を切に願う。

皆の周りにいる友人、家族、襷を繋ぐ事、しいては、その全員で関ケ原を楽しむ事、これが重要である。

襷の姿かたちは輪である。

皆と我ら、関ケ原の方々が紡いだ襷、輪は確実に全員が携えた…。


さぁ、いまこそ進軍である!

皆の行軍に幸あれ!


この関ケ原に再び立つ事が出来、
皆と会い、笑い、泣き、楽しみ、繋がれた事、儂は幸であった。

皆!

…ありがとう。

また会える事を願う。

…、


では…

さらば!!


三成




posted by 関ケ原東西武将隊, at 21:41 | Comment(49) | category: 石田三成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も殿や他の武将隊の皆様と出会えて本当に幸せでした。
皆様が繋いでいった思い・願い、その襷を微力ながら、今後に紡いでいく一人になればと思います。
私にとっても関ヶ原は第二の故郷であり、大好きで大切な場所になりました。

本当にお疲れ様でした。
そして、本当に本当にありがとうございました。
Posted by ちより at 2012年01月31日 21:53
こんばんは、関ヶ原での思い出とても楽しいものばかりです。泣いたり笑ったり、勉強になったり…実りある一時でした。関ヶ原にまた訪れる時、きっとまた思い出が蘇り、力になると思います。短い間でしたが素敵な日々をありがとうございました。最後は笑ってお別れを。
では…さよなら、殿…石田治部少輔三成様。どうかお元気で(*^^*)

Posted by ともゆき at 2012年01月31日 21:54
こんばんわ、殿。

この半年間、凄く楽しめました。
関ヶ原東西武将隊と出会え、好きになったこともまた必然なんでしょうね。
関ヶ原の魅力を教えてくれ、ありがとうございました。

姿はそこになくても、あの場所には、関ヶ原を愛した皆様の想いがあります。息づいています。

関ヶ原へ行けば、皆様にあえるだと信じています。
暫しのお別れはやはり寂しいですが、またお会いできることを信じて、その時を待っています。

殿のお帰りを待っていますよ!
行ってらっしゃい☆
Posted by at 2012年01月31日 21:56
ここ2ヶ月何度か関ケ原にお邪魔し、お世話になりました。
以前は陣跡を回るだけだった関ケ原でしたが
皆さんのおかげで沢山の素敵な場所、美味しいお店、そして町の皆さんの優しさに触れました。
演舞も、今まではあまり興味の無い事柄でしたが自分でもびっくりするくらい心が動かされ、感動しました。
沢山の素敵なものを皆さんには頂きました。感謝してもしきれません。
語彙が貧弱でこの気持ちをきちんと伝えられないのが歯痒いです。
とにかく、本当に本当にありがとうございました。
これからもずっと関ケ原町と皆さんの事が大好きです。
Posted by 立花 at 2012年01月31日 22:03
三成さまコンバンハm(__)m

幸せをたくさん、ありがとうございました。

忘れられない大切な時間をありがとうございました。

ワタクシは、これからも関ケ原を訪れます。

武将隊さんの思い出と、新たな思い出に会いにゆきます。


ゲーテの格言集の中に、このような言葉がありました


長い間泣かずに済むのは何によるか。
愛による。

われわれをたえず結びつけるのは何か。
愛である。


この一節を本屋さんで目にした時、なぜか三成さまの声でワタクシの耳に響いてきたのです。


もはや関ケ原東西武将隊の一部であるラヴァーズの皆様とその愛によって、泣かずに、結びつき、輪になり、襷をにぎり…

旅を続けたいと思います。

三成さまも、ゆかれませ。

イベントの日、手を振り返して下さったのが本当に嬉しかったです。

ずっと忘れません。
Posted by にゃんたろう at 2012年01月31日 22:04
三成様こんばんは

本当に本当にお疲れ様でしたm(_ _)m 

今までは出会いでしたが

今度は再会ですね(=⌒▽⌒=)

逢えるのを楽しみに

待っておりますからねヽ(*⌒∇⌒*)ノ::・'゚☆。.::・

Posted by コスモス at 2012年01月31日 22:07
三成様、こんばんは。

武将隊の皆様に出会えたことで、毎日を楽しく過ごさせていただきました(^^)
それまで、関ヶ原とういう地名は知っていてもお邪魔したことなかったのに、毎月のように行かせていただくようになりました!
関ヶ原の様々な魅力を教えてくださり、ありがとうございました!

再びお会いできる日を強く願っております!!
Posted by やえ at 2012年01月31日 22:17
おーきな おーきな輪になりましたね。

誠実なみなさまだからこそ繋がった輪なのです。

関ケ原東西武将隊はわが町の誇りです。
大切な大切な存在なのです。
言葉にならない想いがたくさんありますが、
やり遂げてくださったこと、ありがとうございます!

「おかえり」を言える日を夢見て。。
Posted by miki.h at 2012年01月31日 22:28
三成様。
私は、さらば。 とはまだまだ言いたくないですが...。

長いような短いような期間でしたが、
充実してました。

もしかしたら、あの歌のように
太陽が照りつけるような季節になった頃、
また、甲冑姿でおもてなしを...。
あの演武を見られることができたら....。
と願ってしまいます。

もし、また関ヶ原が、殿を呼ばれたら
ぜひお待ちしてます。

それまで、お体に気をつけて。
私は、それまで動画で想い出に浸ってます。
Posted by ぷーらいおん at 2012年01月31日 22:30
三成様、こんばんは!

関ヶ原にて、憧れの三成様に出会えたこと、本当に嬉しく思います。

そして、関ヶ原という町が、『憧れの地』から『大好きな町』になりました。その大好きな町には、大切な友人が出来ました。皆様をきっかけに、親しくなれた方が大勢います。

この、『輪』を更に太く太く、大きく大きく育ててゆくこと。そして襷として繋げてゆくこと。それらが、皆様への恩返しになるのかなと感じております。

三成様、幸せな日々を、掛け替えのない素敵な出会いを、
ありがとうございましたっ!!

またいつか、きっとお会いしましょう!
Posted by くろねこ at 2012年01月31日 22:30
三成さま。お久しぶりです!

8月に皆さんに出逢ってから、本当に今までで一番充実した半年を過ごさせていただきました!
蒸し暑い夏、紅葉の秋、真っ白な冬。
どの季節も大切な思い出でいっぱいになりました!
ミニ合戦劇に参加させていただいたこと。とても、思い出深いものになりました。
書ききれないくらい、沢山の思い出をありがとうございます!

きっと、これからも関ヶ原に。笹尾山にいくと思うので、見守っていてください☆

ほんとうに、ありがとうございます!
石田三成を大好きになれたこと、誇りに思います!!!

Posted by まい at 2012年01月31日 22:32
三成殿、貴重な時間、思い出、ありがとうございました(^O^) 只今私は充電中(冬眠?!)。春になったらまた、関ヶ原行脚に参ります。武将隊の皆様に出会えた思い出と共に、関ヶ原を学び、関ヶ原を楽しみ、関ヶ原に親しみたいと思います。今年は、5月に1歳になる兎の「ガラシャ」を連れて、のんびり歩こうかな(^_^) あ、三成殿、うちのガラシャを人質にとらないで下さいね〜m(_ _)m
またいつか、武将隊の皆様と再会できる日を願って…
Posted by がんちゃん at 2012年01月31日 22:45
西の殿、三成様。

襷は確かにお受け致しました。六つの心とともに、次に必ず引き継ぎます。
またお会い致しましょう。
いざ、さらばでござります。
Posted by 大垣城のヌエ at 2012年01月31日 22:46
短くも濃く、意味のある時間を過ごさせていただきました。

伝える言葉は「ありがとうございます。」としか、ありません。
武将隊の皆さんに出会えたことに、心から感謝を。

またいつか、お会いできる日を楽しみに。
お疲れ様でした(^-^)

 
Posted by 神無月 at 2012年01月31日 22:51
六武将様方にお会いできて光栄でした。

皆様が甦られたこの僅かな時間は、

私にとっては万年にも感じられる程に、
ものすごく幸せで、楽しく充実した濃密な時間 でありました。

こんな素敵な出逢いをもたらせてくれた

 関ヶ原をこれからも愛していきます。

またこの地でお会いできる日を夢みて
 日々 精進して参ります。

宝物のような毎日を本当にありがとうございました。
Posted by ゆきうさぎ at 2012年01月31日 22:52
三成様。僕に色々教えて下さってありがとうございました。
次にお会いするときに、もっと成長していたいです。頑張ります。お元気で。
Posted by 千尋 at 2012年01月31日 22:53
関ヶ原東西武将隊の武将様が、この6人で本当によかった。

半年間、長い様で短い。でも、凄く大きくて凄く大切な物を頂きました。
また関ヶ原に訪れます。
ありがとうございました。
またお会い出来る日まで。いってらっしゃいませ。
Posted by 鵜 at 2012年01月31日 22:55
いい出会い、いい別れで、清々しい気持ちです☆
ありがとう!!!!!!ごきげんよう!!!!!
関ヶ原東西武将隊!!!!!
Posted by あゆゆ at 2012年01月31日 23:03
こんばんは。三成様。
今日(こんにち)までの行軍、お疲れ様でした。

(これより先、拙い文となる事をお許し下さいませ)

皆様の存在を知ったあの日、私の世界は変わりました。
褪せた心に降り注いだ、六の色…『関ケ原東西武将隊』という、色が。
…なんか、すごく恥ずかしい事を言いましたが(笑)、この際なのでお許し下さい。

皆様より頂いた『色』、けっして絶やさぬよう、守り続けていきます。
守り続け、そして同時に、誰かに伝えていこうと思います。
私にとって、それが『襷を繋ぐ』事と、考えました。


では、三成様。

より良き旅路となりますよう!行ってらっしゃいませ!!!

Posted by 百鬼夜行 at 2012年01月31日 23:06
長い旅に、この出会いが有ったことは奇跡のような幸せの一つでした。
何度も繰り返しになりますが、有難うございます。
また、会える日を心より願って。
いってらっしゃい!
いってきます!
Posted by リエ at 2012年01月31日 23:08
今まではただ単に古戦場という認識しかなかった関ケ原でした。
しかし皆様がおいしいお店や関ケ原の施設、お土産など色んな魅力をわかりやすく伝えて下さったおかげで
何度でも行ってみたい地になりました。
陣跡もまだまだ巡り足りないです。
雪がとけた頃にはまた行きたいと思います。

半年間、本当にお疲れさまでした。
そして、有難うございました。

またお会いできる日が来るのをお待ちしております。
Posted by マキ at 2012年01月31日 23:23
関ケ原という場所は、なんだか異空間というか、異次元というか、
そんな感じが私にはするのです。
劇場に入ったときに感じる空気感を、電車を降りた瞬間に感じるのです。

まさに町全体を劇場のように使って、町の人、ファンと共に作り上げた舞台を
武将隊の皆さんに見せていただきました。

三成様、本当にお疲れ様でした。
背負っていた物の重さは私には想像もつきませんが、
使命を背負った背中は本当にカッコよく、惚れ込んでしまいました。

ネット嫌いの私がブログにコメントするなんて、3ヶ月前には想像もつかなかったのに。

今度は新しいキャストを連れて関ケ原へ参ります。何度でも行きますよ!

言葉にできないたくさんの想いをこめて、
「殿、ありがとうございました!幸せでした。」
Posted by 東湖 at 2012年01月31日 23:24
殿にお逢いできたこと、武将隊の方々とお会いできたこと、
本当に嬉しく思います。
雪の関ヶ原しか知らないので、雪解けの頃に、必ずまた伺うつもりです。
想いを胸に。

本当にお疲れさまでした!&ありがとうございました!
Posted by のぞむ at 2012年01月31日 23:32
石田三成様

共に過ごせた短い月日はその短さが嘘のように充実した濃い月日でございました。
出会いは奇跡。共にいられた軌跡。
皆さまとの出会いは私の宝物にございます。
「増殖する武将隊」
襷を受け取った私共皆が武将隊であると思いこれからも関ケ原に足を運びます。

関ケ原の地に立った石田様が再びの生を幸と言ってくださるのが嬉しゅうございます。
石田様から想いを強く持つ大切さを教えていただきましたので
いつかまた、きっとまた、会えると信じて見送ります!
石田様のこれからも幸せでありますように・・・!
Posted by はと at 2012年01月31日 23:34
ラストの武将ラジオの日の、そのあとのおもてなしが、
私が殿と最後に一対一で話した日になります。
(29日は甲冑ではなかったのでカウントしていません・笑)
あのとき「殿達は本当に、奇跡の存在でした」とお伝えしましたが、
後ろに人もいらしたし、自分が伝えたかったことが上手く伝わらなかった
気がしていました。それでもいいやと今は思っています。

私にとって今後も『石田三成』は、殿だけです。
大谷様、左近様、家康様、井伊様、本田様のくださった数々のお言葉にも
心から感謝しております。
関ケ原という町の素晴らしさを、武将隊に教えてもらいました。
私は今後も関ケ原に通います。あの町が大好きになったからです。
いつまでも、皆さまのお帰りをお待ちしています。いってらっしゃいませ。

Posted by 長月 at 2012年01月31日 23:47
三成さん、ありがとうございました。この半年間、毎日が本当に楽しくてたまりませんでした。
史跡巡りだけでなく、関ケ原にあるお店や自然、人のあたたかさを教えて下さり
ますます大好きな場所となりました。第二の故郷と呼べるような場所を
作って下さった皆さんが大好きです。

三成さんを始め、関ケ原東西武将隊の皆さまにお会い出来てよかったです。
どんな時でも「よう参られた」とあたたかなおもてなしをして下さる姿に心打たれました。
私もその姿勢を見習って、仕事では自分なりのおもてなしをしていきたいと思いました。
クリスマス会で一発芸をしながらわいわいしたと思ったら、今度は心奪われる演舞に合戦劇。
やわらかい武将隊、1人1人魅力たっぷりの武将さんで楽しい時間を過ごせたことは大切な思い出です。

お別れというと寂しいですが、たくさんの思い出を作って下さったので
また関ケ原に足を運び、皆さんと過ごした思い出を振り返りながら
新しい楽しい思い出を作りたいです。イベントに行き、出会った方との輪を感じ
さらにそう思いました。またぜひ関ケ原で再会出来ることを祈って!
本当に本当にありがとうございました!
Posted by ゆうこ at 2012年01月31日 23:47
三成サマこんばんは☆

なんとか日付が変わるまでにコメントしたくて急いで帰宅してパソコンをつけました!(>_<)

私にとって、関ケ原東西武将隊の皆様、そして三成サマに出会えたことは本当にかけがえのない大切なものとなりました。
あまり関ケ原へ訪れることはできなかったのですが、その風景は心の中にあります。
今でも鮮明に色々な出来事を思い出すことができます。
一昨日に、写真集発売イベントにも参加させていただき、なかなかその場から立ち去りにくい気持ちに区切りをつけ、帰路へ向かいました。

三成サマにお会いし、色々話させていただき、次へ進む勇気もいただきました。
三成サマのお言葉を胸に、誇りを持って次へ挑戦していきたいと思います。
今まで本当に有難うございました。
Posted by misako* at 2012年01月31日 23:53
三成様こんばんは。
今まで本当にありがとうございました。
ほんの数回でしたが、関ヶ原で三成様たちに会えた事本当に嬉しかったです。

その中でたくさんの思い出を得る事ができ、また知らなかった関ヶ原の場所、お店など知ることができ良かったです。

また関ヶ原に友人たちと行った時にはまだ行ってない場所を訪れたいと思います。また三成様たちとの思い出を振り返りながら楽しみたいと思います。

またいつか会えることを願って…。

それでは、本当にありがとうございました。
Posted by ゆっきー at 2012年01月31日 23:54
三成様、こんばんは。
皆様と笑い、泣き、楽しみ、繋がれた事、
私も心から幸せでした。
ありがとうございました。

繋いで頂いた『輪』。
今も関ケ原を故郷として繋がっていられる友人、
友人を越え家族のような存在になりつつあります。

また会える日を切に願いつつ…
また会える日まで。

Posted by はなゆう at 2012年01月31日 23:55
偶然が重なり、不思議なご縁で皆様と出会えたこと、
でも、それは偶然ではなく、必然だったことなのでしょう。

私に幸せな時間をくださいました。
本当に感謝の言葉しかございません。

わずかばかりの思い出ですが、時が経てば経つほど、
大切なものとして、思いは深くなるばかり・・・

人と人って、出会い〜別れ〜(再会〜)の繰り返しですよね。


最後に・・・又いつか会える日までお元気で!
Posted by aoi-hananeko at 2012年01月31日 23:56
楽しかった。人の輪を紡ぐ宝物のような時間を過ごすことが出来ました。
人見知り、お家大好きな自分がこんなにいろんな方と知りあう切欠を下さった
三成様、武将隊の皆様、本当にありがとうございました。

「石田三成」が特別な存在に成ったのも殿のおかげです。
時の環をめぐったらまたお会いできることを信じて。

では!

Posted by いと at 2012年02月01日 00:14
これ以上、自分の気持ちを表す言葉がありません。

大好きです。

本当に大好きです。

本当に、本当に、ありがとうございました!

Posted by 紫苑☆ at 2012年02月01日 00:17
三成様、こんばんは!

この半年間、本当にお疲れ様でした。

三成様のお言葉、しかと胸に受け止めました。
繋いで頂いた“輪”をこれからもどんどん大きくしていきたいです。

またお会いできることを願っております。
今まで本当に有難うございました。
Posted by まい虎 at 2012年02月01日 00:19
三成殿、こんばんは。そして、お疲れ様でした。

襷は、確かに受け取りました。
現在、周囲に宣伝中です。雪が溶ける4月に、関ケ原に参り、魅力を伝えます。もちろん、皆様の教えてくれた所にも参ります。

関ケ原に三成殿達がいらっしゃらないことは寂しいと思います。
ですが、三成殿達と過ごした記憶は、私の胸にあります。
それを糧にして、歩んで参ります。
そして、「わ」の意味を学びます。
若輩者ですので、時間がかかるかもしれませんが、諦めずに頑張ります。

たくさんの思い出、教訓、ありがとうございました。
三成殿の行く末が、明るい未来でありますように、お祈り申し上げます。
Posted by 悠 at 2012年02月01日 00:19
三成様、こんばんは。

この半年、本当に本当にありがとうございました。
”町を愛する”ことの意味を教えてくれたのは、ほかならぬ関ケ原東西武将隊の皆様です。

町を作るのは人。町を愛することは人を愛すること。逆もまた然り。
人の絆は、時・場所の隔たりを超え、いつまでも繋がっている。
たとえこの命尽き一生を終えても、この想いは誰かに繋がり、継がれていく。
そうして町は生き続ける。

関ケ原の想いに触れ、やっと自分の故郷を心から愛する覚悟ができました。
関ケ原に負けぬよう、盛り立ててまいります。

全軍前進。
何処の世でか、またお会いいたしましょう。
Posted by フロムミヤ at 2012年02月01日 00:28
私は この数ヶ月で多くのことを学びました
いつもの生活がキラキラと輝き とても充実していました
次は 私が伝えていく番です
皆様から受け取った襷...必ず「輪」を広げていきます

本当にありがとうございました
Posted by ゆっこ at 2012年02月01日 00:32
石田治部少輔三成 誠に大儀!
あっぱれでござる。

もうこれ以上ない褒め言葉はどうやって書けばいいのだろう…。
とにかく素晴らしく最高、これ以上なく最高の三成公でした。

いろんなとこでの講話、いくつも覚えてます。
島津陣跡、松尾山ふもと、etc…
三成公の講話はほんと好きでした。
そして最後の六訓は一生忘れません。
会場で六訓を聞きながらバレないように大泣きしたこと。
忘れられないですね…。

先日も石田町石田会館へお邪魔しました。もちろん笹尾山にも。
石田治部少輔三成の生き様をこれからも追いかけます。

思いはその風景の中に眠っている。
三成公へ思いを馳せながらまた歩いてみたいと思います。
ありがとうございました。お疲れ様でした。

どうぞお元気で
Posted by 流浪民 at 2012年02月01日 00:57
三成様、こんばんは。

時空を越え、同じ空の下、皆で笑いあえたことは、本当に幸せなひと時でした。

出逢いは必然!!
出逢えたことに感謝いたします。

まだまだ長い旅路、
気をつけて行ってらっしゃいませ♪
Posted by さとみ at 2012年02月01日 00:58
関ケ原の地、知っていたようで知らない所がいっぱいありました。 笹尾山のあの紅葉、 一面の銀世界、
この町に眠る歴史の数々、 そして町の人たちの暖かな心… それを教えて下さったのは、何度も通うきっかけを作って下さった 関ケ原東西武将隊 の皆さんです!! 半年間、どうもありがとうございました!! また 、お会いしとうございます〜
Posted by 千恵子 at 2012年02月01日 01:38
こんばんは、三成様。

三成様の凛としたお姿を、尊敬しております。
強い信念を、尊敬しております。
お会いすることができて、本当に良かった。

心から感謝の言葉と、そして皆様の先行きに幸多からんことをお祈りします。
Posted by 月読 at 2012年02月01日 02:05
石田三成様
関ケ原での日々は私の宝物です。
初めて関ケ原を訪れた時の笹尾山は忘れません。あれがすべての始まりでした。
あの日が無ければ「関ケ原」を、そして「西軍」の本当の姿を知ることはなかったでしょう。
半年もこの世にいてくださったのにその半分という短い間でしたが、
沢山の「夢」をありがとうございました。
その夢を襷にして次につなげたいと思います。
また会う日まで☆
治部様、本当にありがとうございました。
Posted by 風鈴 at 2012年02月01日 03:00
おはようございます。
初めて関ヶ原を訪れたとき、始めに声をかけてくださったのは三成様でした。
あれがなければ、関ヶ原を、石田三成という人物を、こんなに好きになることはなかったと思います。

私は、これからも、ずっと関ヶ原と石田三成様のファンです。

お疲れ様でした(o゜ω゜o)ノ

Posted by 美さき at 2012年02月01日 06:20
関ケ原、いつ行っても楽しんでおります!
人見知りで、なかなか他の方とお話ししたりはできないのですが、これからはそれも克服したいとおもっております。
小さい“輪”ですが、繋げていきたいです。
ありがとうございます!!

また、お会いできるのを楽しみにしております!!
Posted by ぐに at 2012年02月01日 07:03
武将隊が活動した半年のうち、自分が知って実際に関ヶ原に通ったのはたったひと月だけでした
最初はもっと早く知っていたらという事を良く思っていたのですが、一月だけでも皆さんの事を知れて良かった、
関ヶ原に行けて良かったと今は思っています
寂しいですが、おさらばです
もし御縁があって再びお目にかかる事が出来ましたら、その時は是非、仁王立ちをご一緒させてください
今までありがとうございました
Posted by いちりき at 2012年02月01日 09:30
三成さま、こんにちは。
殿達のお陰で関ケ原で出会った友「輪」が出来、楽しく暮らすことが出来ました。
「輪」は子供達にまで広がっています。
関ケ原の遺跡については勿論、武将隊の皆様の事、そして先祖についてと今までそんなに深く出なかった事までと、兎に角話しに事欠きません。
学校でもそう言う話をしているとの事。
嬉しく思います。
今まで辛かった関ケ原を楽しい所にしてくれて有難う御座いました。
また、必ず逢える日が来るでしょう。
その日を楽しみにしています。
本当にありがとうございました。
また逢う日まで。

Posted by みんちゃん at 2012年02月01日 15:37
暑い夏から寒すぎる年末までお疲れ様でした。
そして幾つかの時間を武将隊と共有出来たこと、本当にありがとうございました。
太陽が照りつけた時や、雨や雪が降り凍えそうな時も、同じ空気を味わえたことに今は絆となって心のなかで誇りに思ってます。

お互い姿が変わってしまっていても、いつかまた、関ヶ原で会える日を祈って。
Posted by 美濃沢瀉 at 2012年02月01日 23:32
こんばんは、三成さん。

昨年関ケ原に赴き、三成さんたちに、大切な友に出会い
日々を重ねるたび、その輪が深まり、広がり続けること
いつも嬉しく幸せに思っていました。
本当にいつも素敵な時間を出会いをありがとうございます!

このまちに生まれた3つのわが、いつか再び皆で笑い集う日に続く絆でありますように。
これからも、この出会いを大切に、大好きな関ケ原に参り続けます!
そして、まだ関ケ原に来たことない友人にもこの地を一緒に回って楽しみ
果てしない魅力を伝え広めたいと思います。
そうしてこれからも襷が、絆の輪が広まりゆくことを願い信じてます!

どうか皆の行軍が幸多きものでありますように(^▽^)
Posted by トシ子 at 2012年02月02日 03:22
素晴らしいイベント感動いたしました。
また私にとっても大きな変化がありました。

本当に、本当にありがとうございました。
いつまでもお慕いしております。

またいつかお会いできる日まで…。
Posted by 朋子 at 2012年02月02日 08:09
関ケ原東西武将隊さまの頑張りで、昨年は関ケ原が今まで以上に有名になったのではないかと思っています。

勿論、普段から関ケ原に住み、努力をされてる方達の頑張りが一番だとは思いますが(^_^)

また、いつか皆さまにお目にかかれるのを楽しみにしています。

有難うございました。
Posted by ★秋花 at 2012年02月13日 18:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。