2011年11月30日

霜月:石田三成

…。

…関ケ原は体感するもの也。

本日は11月の最終日、我ら西軍が出陣致した。

まずは、蒲生郷舎陣…
儂、石田家の家老である。

関ケ原の合戦ではよくよく奮戦してくれてな…、左近と共に本陣を固めてくれた訳である。

続いて、左近の陣にも訪れた。

今年はどうやら…、紅葉は遅めの様である。

それ故、見頃であった。

よく燃えておる。
誠に雅なり。


これは、儂らが普段パフォーマンスの際に使用し、左近が側転をしたり、本多殿が槍を回しておる所…
(左近山、または忠勝山と呼ばれる場所)
から捕ったもの。

少しばかり高いだけで、景色は全く別物になったりする…。

左近を探せ!
…であるな。


そして…今日は本当に沢山の者が関ケ原へ訪れてくれた。

皆の笑顔が素晴らしく輝いておって、儂は感無量であった。

我らの輪は確実に大きなものへ育っていると改めて感じ入った日にもなった…。

関ケ原に興味をもって貰うこと。
大変有り難い事なり…、きっかけは何でもよい、と儂は思う。

その気持ちを踏まえ、関ケ原の本当の良さ、自然や人、その空気にもっともっと触れて欲しいと思う。


改めて言わせて頂く。

関ケ原へ訪れてくれてありがとう。

師走に繋がる良き日であったね。





三成


posted by 関ケ原東西武将隊, at 23:40 | Comment(19) | category: 石田三成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
三成さま、こんばんは。
今日はありがとうございました!
笹尾山の紅葉。いつのまにやら真っ赤に色づいて。三成さま達そっちのけで、紅葉の写真を撮ってしまいました(*^-^*)
その後、紅葉を背景に皆様の写真タイムがあり、素敵に撮れたのでお気に入りの一枚になりました☆

夏から関ヶ原に訪れる機会が増え、夏の入道雲。秋の稲穂と彼岸花。鱗雲。冬の訪れを感じさせる真っ青な高い空。季節の移り変わりが懐かしく感じられます。
Posted by まい at 2011年12月01日 00:02
三成様、こんばんは。
お茶会の会場であった平和の社も木々が色づき、風が吹く度に葉が舞い散っていて、キレイでしたが、笹尾山も見事な紅葉ですね。

私は関ヶ原という場所が好きで以前から訪れていたのですが、8月に武将隊が活動を開始してから更に関ヶ原の魅力を知り好きになりました。
三成様が仰るように、興味を持つきっかけは十人十色ですが、皆が関ヶ原に興味を持ってくれると嬉しいですね!
ますます寒くなりますので、風邪など引かれぬようご自愛下さい。
Posted by ランドルト・環 at 2011年12月01日 00:07
三成サマこんばんは☆

本日はおもてなし有難うございました!
途中で抜けさせていただくという、とても申し訳ないことをしてしまったのですが、とーっても最高の一日になりました!
今日は三成サマにご迷惑をおかけしてしまいましたが、三成サマのおかげで無事に関ヶ原駅までたどり着くことができました。
ご足労をおかけして申し訳ない反面、三成サマと少しでも長い時間お側にいれたことがとても嬉しくて仕方がありませんでした。
また、妹と関ヶ原へ伺わせていただこうと思っておりますのでその時は宜しくお願いいたします(^▽^)v

秘密のイベントに関しては動画を上げてくださってから(上げていただけるのですかね?)またコメントさせていただきたいと思います!

本日もお疲れ様でした。
Posted by misako* at 2011年12月01日 00:11
ぎゃ。途中で…ミスりました凹

自然もですが、日に日に関ヶ原での会いたい人たちが増え。
巡り合わせて頂いた、三成さま達に感謝です!!
『三成茶会』でも、初めて会った方とグループをつくって、楽しくお茶会もできましたし、とても楽しい思い出が出来ました!
そんな機会を作って下さって、本当にありがとうございました!!

明日から…もう、今日か(笑)
12月。残りの日にちを数えると、とても寂しいですが、ますますのご活躍!楽しみにしてますね☆
Posted by まい at 2011年12月01日 00:12
三成様、こんばんは☆

三成様がおっしゃる『輪』。
最近、皆様に会いにいかせて頂くと、本当に感じる機会が多く、
心温まり、なんだか優しい気持ちになれます。

そして、関ヶ原の自然。
今まで当たり前としか感じてなかったものに
最近目を向け、感じ、ほっとできる自分がいます。

どちらも皆様と出会えてこそ気づけた事です。
ありがとうございます。

いよいよ12月。。
なんだかちょっぴり寂しさも込み上げて参りますが、
たくさんの笑顔に包まれ、全力でかけられる姿も応援してます。

Posted by はなゆう at 2011年12月01日 00:13
西の殿、こんばんは。本日は本当にありがとうございました。

私は今日はラジオ生放送以降の参加でございましたが、「茶の湯の真髄」を味わった気が致します。

場にいる者全員でお茶を少しずつ分かち合い、招き主の心づくしを味わい、心からその場にいる喜びを感じつつひとときを過ごす。

途中退座せねばならず、皆様と楽しげにしていらっしゃるので申し訳ないと思って、失礼ながら御挨拶せずにその場を離れました。が、振り返れば木立の向こう側に、殿・左近様・吉継様を中にして、誠に美しい人の和ができあがっていました。

…殿の「わ」の御心が通じましたこと、お喜び申し上げます。

Posted by 大垣城のヌエ at 2011年12月01日 00:15
本日はまこと
類い稀なるもてなしをいただき
大変有り難うございました。

いろいろ、事細かに
本日いえ、昨日のことをお礼申し上げたいのでございまするが

今夜は、
心乱れておるため

申し訳ございませぬが、
日を改めまして
お礼申し上げまする。

おやすみなさいませ。
殿。


Posted by うーた鴎 at 2011年12月01日 00:24
素敵な紅葉の写真を載せて頂き、ありがとうございます!
瞬く間に過ぎる紅葉を、しかも関ヶ原のものを目にすることができ、とても嬉しいです。

なかなか関ヶ原へ赴くことができず、いつもブログやツイッター、ラヂオで心を保養させていただいています。どれだけ癒やされ、元気づけられたことか…。特に、落ち込んだときは交換覿面です(笑)ありがとうございますm(_ _)m

これを書いている時点では、日付は変わり、師走になりました。その時がくるまで、全力で駆けてください。応援していますから。

今月から寒さも一層厳しくなるかと思います。どうぞお体ご自愛くださいませ。
Posted by ラビ at 2011年12月01日 00:35
三成さまコンバンハm(__)m

本日は誠にありがとうございました!

秘密の企画と伺ってから『おしえろよ〜』(by吉継さま)という気持ちでおりましたが、まさか、お手ずからお茶とお菓子がいただけるとは(*´∀`*)

とてもおいしく頂きました。ありがとうございました。

先ほど左近さまの日記を読んで悲しく寂しい気持ちでいっぱいなのですが、タルトのまったりおいしい食感を思い出して何とか泣かずにおります。

美味しいものの効用ですな(笑)

写真も美しい…関ケ原は美しいですな。

また参ります。

おやすみつなり☆

一回やってみたかった(^^)v
Posted by にゃんたろう at 2011年12月01日 00:43
こんばんわ。
先日関ヶ原を訪れたとき、初めて武将隊のみなさんと近くでお会いしたのですが、みなさんの細やかな心遣いや想いに感動しました。
以前から好きだった関ヶ原が、もっと大好きになりました。
12月中に一度でも行かれれば良いのですが、行かれないかも分かりません。
どちらにしても、ずっと応援しています。
関ヶ原もずっと好きでいると思います。
頑張ってください。
Posted by 藤井 at 2011年12月01日 01:05
三成殿お疲れ様でござる
お写真綺麗ですね。色づき始めると一気に進むものですね
先週との違いに驚きました。そんなに時間経ったのかと。
笹尾山の色づきを見てるとこのまま時が止まるといいのになあ、そう思います。
時が進むと…。。しんみり

島津殿の陣跡でのお話、とても良かったです
敬意をもって島津殿のことを説明されてるので、じーんと来ました…
天国の島津勢の皆さんも、そんな風に伝えてくれて嬉しいだろうなあ、と。
時間が許されるならば、もっともっと聞きたいなと思いました。

三成殿が理由もって中座されたとき、なんて気配りできる御仁なのかと…。
素敵なおもてなし有難うございました。ごちそうさまでした。
Posted by 流浪民 at 2011年12月01日 01:47
三成さま、おはようございます。
昨日はいろいろなおもてなし、有難うございました。
紅葉とても綺麗でしたね。
勿論、ラヂオ、楽しく拝聴致しました。

それから島津陣では、細かく説明いただき、ありがとうございました。
石碑の前に居た時、ふっと側に来て声をかけて下さいましたね。
あの言葉で我慢していた気持ちが
一気に溢れてしまいました。
あの時の優しいお言葉忘れません。
その後も手作り(殆ど三成さまお手製)タルト。
甘いのが苦手な私でしたが、甘さ控えめでとても美味しく頂きました。
何もかも最高で、忘れられない一日になりました。
昨日は、特に行って良かった。
本当にありがとうございました。
Posted by みんちゃん at 2011年12月01日 05:33
三成さま、こんにちは。
昨日はせっかく仁王立ちに初参加できたのに、子が泣いて私も泣く泣く途中で家に帰りました。
子はどうやらとっても眠かったらしく、家までの3分の道のりでねんねいたしました。母として反省。
でも、どうしても武将隊のみなさまにお礼を言いたくて会いに行ったのです。
武将隊の皆様が現れるまで、関ヶ原は閑散としていて、毎月広報で住民が減っているのがとても残念で仕方なかったです。でも、武将隊の皆様が登場されてからは、平日でも関ヶ原を訪れてくださる方が増えて活気づいているのを見てとてもうれしいのです。
東西武将隊の皆様にはとっても感謝しています。それを伝えたかったのですが、お話しできず…。
できればずっとご活躍いただきたいのですがそれもかなわぬようなので、児のご機嫌をうかがって、またお会いしに行きたいと思います。
どうか、児が泣いてもご勘弁を。
Posted by ゆいまーる at 2011年12月01日 09:25
三成様、おはようございます。
昨日は仁王立ちから参加しました。ひとクラス分ほどもある人数での仁王立ち、電車から見たらさぞや迫力のあることでしょうね。窓から手を振っていたおばあさんもいい笑顔でした(^^)

武将ラヂオが始まる前に窓ガラスに貼ってある井伊画伯の絵を見て、思ってた以上に大きくてびっくりしたり(笑)マジック一本使いきる勢いかと( ^∇^)
それにラヂオで自分のハガキが読まれた時は、一気に鳥肌が立って嬉しくてどうにかなりそうでした。
島津義弘陣跡での説明も、とてもわかりやすくて、「先生っ」と呼びたくなる感じでした。

そしてお茶会・・(*^_^*)
手作りのケーキとお茶、とても美味しかったです。 
あの人数分にケーキを切り分けるのはとても大変だったと思いますが、「みんなに食べさせてあげたい」という気持ちがあふれていて、吉継様と一生懸命切っている姿がすでにおもてなしになっていました。
関ヶ原の紅葉と真っ青な空のコントラストが美しすぎてうっとりしたのと、武将隊の皆様の丁寧な楽しいおもてなしに感動したのと、集まった方々とのお話の楽しさと、なんだかいろんな思いが一緒になって、帰ってからもほわほわしていました。
幸せな一日をありがとうございました(*^_^*)また絶対行きます。
Posted by ゆう at 2011年12月01日 09:58
こんにちは(^-^*)/三成様

昨日は、私は勇気を振り絞り、仁王立ちに

参加させていただきました。

時間の関係上、するりと、消え去りましたが……

あ〜三成様と刑部様合作の

愛情のこもったバナナタルトが

食べとぅございました〜

お茶も飲みとぅございました〜


(T_T)
Posted by コスモス at 2011年12月01日 10:53
Posted by うーた鴎 at 2011年12月02日 00:27
さこんばんわ!
三成様☆

昨日は大変貴重な時間を過ごさせていただき、誠に有り難う御座いました。

夜に御礼を申し上げるべきでしたが、
三成様がお茶会後、我々に閉会のお言葉を述べてくださっていたときから
心の置場を失い始め、左近様のブログで決定打を受けてしまいました。
悲しいのか、寂しいのか、何も考えられなくなりまして、
夜の音を聴きながら目をとじて朝をむかえました。
空が白む頃には、殿が仰っておられていた言葉を思いだし自分が12月にすべきことを
決めたのでございます。

輪を作ることを、身をもって教えてくださりいつも心配りを忘れられず、時はおどけてくださる殿。
殿がいつもおっしゃる
「皆、笑顔でまいろうぞ」と言うお言葉。
必ず守ることにいたしました。

燃え尽きるのではなく、燃え上がり消えぬ焔となりましょうぞ!

では、おやすみつなりさま

Posted by うーた鴎 at 2011年12月02日 01:01
昨日は冷たい雨が降る中、髪を切りに行った伊吹でございます。
こんにちわ☆

ふむふむ。
一昨日の秘密イベントはお茶会だったのですね?!
しかも武将クッキングで作られていた(ですよね?)バナナタルトを振舞われたとか。
う、うらやましいぃ(゚ロ゚;)
・・・ってあれ?記事とは関係ないコメントになっているではないか^^;

武将隊の皆様のご尽力で関ヶ原を盛り立ててくださり、元町民として厚く御礼奉りまするm(__)m
私にとりましてはブログのみでのことですが、元町民として恥ずかしきことながら、皆様によって私の知らなかった所をたくさん教えていただきました。
本当にありがとうございます♪
皆様のこれらの活動を見て、関ヶ原ではないですけれど、今住んでいる町のことももっとよく知りたいと思いました。
きっと関ヶ原みたいに、いいトコいっぱいあるはず?!
とりあえず、近所の池から攻めてみたいと思いますw
ではまた☆


追伸:紅葉のお写真、スマホの壁紙にさせていただきました♪
Posted by 武蔵の伊吹姫 at 2011年12月02日 11:42
殿、大概のきっかけというのはほんにひょんな事であると実感しております。
殿達との出逢いも然り。
感謝。感謝。
Posted by 長月 at 2011年12月03日 23:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。