2012年11月22日

11月22日:島左近

左近にございます!
 
本日もビシバシ鍛錬じゃ!!
 
戦でものをいうのは、やはり日頃のたゆまぬ鍛錬で培った「感覚」じゃからな。
 
身体を鍛えるのは勿論のこと、己に負荷をかける事で養われる研ぎ澄まされた精神。
 
この二つが交わらなけらば最高のパフォーマンスは出来ぬからの☆
 
そして、、、
 
ばばん!!
前説ぅ〜〜〜!!!
 
川原と在蔵じゃ☆
いやー、二人とも真面目じゃからの。
 
ついつい一生懸命になりすぎてしまって、早口になったり、互いの呼吸があわなかったりしてしまうのじゃ。
 
いやはや「伝える」という事はむずかしいのぅ。
伝えようとすれば、するほど伝わらなくなってしまうからの。
 
しっかし足軽共はよう頑張ってくれとる!
小奴らの勇姿、しかと眼に焼き付けておくれ!!


posted by 関ケ原東西武将隊, at 00:00 | Comment(0) | category: 四百年の襷 パンフレット連動型 出陣覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月20日

11月20日(火)足軽紹介:井伊直政

井伊であります。
足軽達による「前説」の稽古。

前説とは本編が始まる前の諸注意や会場を温かくする大事な役目である。



竹内鬼は外(たけうちおにはそと)

此奴の場を一瞬で盛り上げる能力は随一じゃ!俊敏で運動神経も良い!
そして何より世渡り上手な奴じゃな(笑)左近殿の右腕、六郎も見事演じた!



田中棚三郎(たなかたなざぶろう)

足軽一の色男じゃな!現代でいうイケメンというやつじゃな(笑)粗削りじゃが根性はあるぞ〜!!本多殿がいつも
儂の甲冑を着せる手伝いをサボるから棚三郎がやってくれた(笑)




山田川原(やまだかわはら)

足軽随一の「堅物」。真面目が取り柄の男である!!足軽をようまとめてくれた。湯浅五助も堂々と演じてくれたのう。



高橋網元(たかはしあみもと)

此奴は商人のような足軽!!調子良いがどこか憎めない、そんな奴じゃ!

「たかはし、あみもと!!」

皆、網元の物真似しとったのう。



山川在蔵(やまかわありぞう)

足軽の隊長のような役割を果たしてくれておる。心に熱き「闘志」を持っておる。この闘志が藤堂高刑にぴったりじゃったな。



藤田紋どころ(ふじたもんどころ)

唯一おなごの足軽。不器用ながらも毎日必死に稽古しておる頑張り屋じゃ!
唯一、客人から文をもらった人気者じゃ☆



雪田越後介(ゆきたえちごのすけ)

マイペースな足軽(笑)。独自の「間」(ま)を持ち、天然男!!本番でも何かが起きる…かものう(笑)
良き声の持ち主で合戦時も声が良く聞こえたわ!

そして最後は、



遠藤広野進(えんどうひろのしん)


何故か元服した時の写真(笑)
大食いの広野進!米を軽く三杯平らげる。此奴が出てくると場が和むんじゃな〜!これからが楽しみの期待の足軽じゃ☆


以上、足軽八名。毎日毎日汗水垂らして頑張っておるからの!



皆々、足軽の八名も応援宜しくの!!

posted by 関ケ原東西武将隊, at 00:00 | Comment(0) | category: 四百年の襷 パンフレット連動型 出陣覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月18日

四百年の鍛練:石田三成


…。

三成である。

皆も知ってくれておるように、
我らの舞台公演の開催が刻々と近づいておる。

よって日々鍛練を積んでいる、というわけじゃ。

そして、今回は我らと共に戦場を駆ける足軽達にも甦ってもらった次第。

うむ、楽しみじゃな。
存分な働きを期待しておる。
早く皆にも合わせてやりたいわ。



鍛練、着々進行中也。


三成
posted by 関ケ原東西武将隊, at 10:13 | Comment(7) | category: 石田三成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月14日

豪徳寺にて:井伊直政

井伊であります。
本日 儂は江戸 世田谷にある豪徳寺に行って参った。
此処には井伊家代々の藩主の墓所があってのぅ2代目藩主直孝(儂の息子)、そして皆が良う知っておる13代目藩主直弼など6名の藩主が眠っておる。








それにしても。

井伊家ゆかりの場所は遠江浜松にある井伊家菩提寺龍潭寺といい近江彦根にある清涼寺、永源寺もそうじゃがみな立派なものになっておるのぅ!!

誠 嬉しきことじゃ!

儂は幼き頃、今川氏に命を狙われ寺を転々と逃げ回っておったがそこを家康様に救い出され、小性から様々な功績を挙げ徳川四天王と呼ばれるまでにのしあがった。

しかし、これは儂だけの功績ではない。

儂を最後まで寵愛して下さった家康様、儂の為に死んでいったくれた沢山の者達、儂を最後まで支えてくれた者達、儂に付いて来てくれた数えきれない者達のおかげなんじゃな。

そして儂の息子達。

儂は関ケ原の戦の後すぐに亡くなってしもうて息子達には苦労をかけた。直継、直孝よう踏ん張ってくれた。

この想いが現世に蘇ってからずっと頭にあり、今日ようやく皆に手を合わせることができた。

感謝じゃな。

「四百年の襷」をきっと見ているじゃろう。


後、二週間ちょいじゃ!!

皆々風邪はひかないようにの!!


そして元気な姿で再び会おう!!!


約束じゃ☆



井伊直政



posted by 関ケ原東西武将隊, at 19:16 | Comment(3) | category: 井伊直政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月10日

忍の地へ:石田三成


…。

…三成である。


明日はいよいよ、吉継を伴い忍の地へ出陣である。



昨年12月23日以来じゃのう。
久しく、そして再び訪れることが出来ようとは…。

嬉しき限りじゃ。


「行田商工祭、忍城時代まつり」
行田を上げてのお祭りじゃ。
フライ、ゼリーフライ、楽しげな食べ物や様々な催しが待っておる!

儂らは、10:40からの「時代絵巻」に出演致す。

見ものじゃぞ!

その後は、武者行列に参列也。


午後からは…

忍城おもてなし甲冑隊の皆々様と共に、忍の地を駆け巡る次第じゃ。

これも、楽しくなるぞ。

心して待っておれ。





忍の地の空は広い。

皆にも天を仰いでもらいたい。
その想いは、必ずや天を動かす。


明日は寒くなりそうじゃ、暖かい格好でおいで。

さあ、待ち合わせの刻限は近い。

忍の地にて、待っておるぞ!


三成
posted by 関ケ原東西武将隊, at 20:34 | Comment(6) | category: 石田三成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。