2011年12月31日

12月のスケジュール

※毎週日曜日のステージパフォーマンスと、平日は関ケ原町のご案内を中心に活動しています。
※出陣武将は変更の可能性があります。ご了承ください。
※積雪及び荒天時、並びに急激な天候の変化により、やむなくイベントを中止もしくは変更する場合があります。

★武将ラヂオ(東西スタジオ生放送)はこちらから↓
http://www.ustream.tv/channel/busho-radio

★お便りの宛て先
〒503-1501 岐阜県不破郡関ケ原町大字関ケ原1167-1 関ケ原交流舞台事務局

12月25日 22:00更新 変更は右の日程です。→ 12/26日程変更 、 12/28会場を「ふれあいセンター大ホール」に変更

◆12月の詳細はこちら◆
posted by 関ケ原東西武将隊, at 23:58 | Comment(66) | category: 出陣スケジュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

行く年来る年:大谷吉継

「皆、こんばんはー!」の、吉継です。

今日で今年も終わりだの〜。

皆にとって、今年はどんな年だったかの??

楽しいこと悲しいことたくさんあったかの。

でも、今日は皆で笑って年を越したいの〜☆

笑って年をまたげば、今年の終わりと来年の始まりが笑顔☆

なんだか、素敵なことのような気がするのだ!

来年が皆にとって笑顔の溢れる一年になるように!!

心から願っておるのだ!!

image-20111231212148.png

皆の想いよ、辰のごとく、天高く舞い上がれ〜!!
posted by 関ケ原東西武将隊, at 21:22 | Comment(45) | category: 大谷吉継 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

記憶:本多忠勝


image-20111231142806.png
皆々のハートの中からこんにちわ
忠勝じゃ。

寒いのう。
わしらは夏から全力で駆け抜け、今や年の瀬。
思えば、、、あっという間じゃったの。


image-20111231145140.png

image-20111231145219.png

image-20111231145104.png

あの初陣の日
最初で最後になったハンドマイクでのパフォーマンス。
アイドルみたいじゃったのう☆



image-20111231145459.png
馬(自転車)での初出陣。
自らの足で漕ぎ、野を走らせながら
戦国の世を思い出し、ウキウキしたのをよく憶えておる。

写真というものは誠、良きものじゃな。
見た瞬間、心の中の情景や感情をすぐさま取り出せる。

皆々があれ程まで
わしらにシャッターを切っていた意味が今ようやくわかったわ。


image-20111231152029.png

少しずつではあるが、
古き想い出を紐解くのも良いの。
お蔵入りの記憶たちを皆々に見てもらいたいしのう。


image-20111231151927.png

ふっ
殿のこんなのとか 笑


では、皆々の者よ。
良いお年を。
posted by 関ケ原東西武将隊, at 15:16 | Comment(33) | category: 本多忠勝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月30日

わしの扇:石田三成

…。

…、ごきげんよう皆の衆。

いよいよ年の瀬であるな。

…さて、これを見るがよい。



これは、わしが後期に使用していた扇である。

28日における、エキシビジョン中に破損致した。

以降の写真撮影、演舞、誠に良く頑張ってくれたわ。

ありがとう。


物は常に感謝の心を持って使用するものであるが…、
むしろわしは物に感謝される程に大事に扱う事を信条としたい。


…、間もなく年明けであるな。

物に感謝する事は人に感謝する事なり。


皆、よいお年を!

である。


三成
posted by 関ケ原東西武将隊, at 21:27 | Comment(45) | category: 石田三成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

武将雪かき!:徳川家康



家康であるぞ。


東西両軍によるゲリラ電車出陣か〜ら〜の、六武将による雪かきの陣!

駅に通ずる人通りの多い導線を重点的にかきかきしたのじゃが、大変骨の折れる作業であった。


しかし、関ヶ原町の民たちはこのシ〜ズン、雪が降れば毎日のやうにこの作業をやっているわけじゃから、まことに頭が下がるわい。。

関ヶ原の者たちよ、大儀じゃ〜☆☆☆




RIMG0023.JPG

続いて近鉄タクシ〜さんの前も、


RIMG0024.JPG

さらにはおへそさんの前も雪をかきかきじゃ〜☆


RIMG0020.JPG

雪をかいたそばからも、新たな冬将軍の波状攻撃が押し寄せてくるわい! まことに強敵である!!


治部殿の乱髪にも雪がぱうだりんぐされておった。

わしの脳裏を「泣ぐ子はいねがぁ〜〜」というフレ〜ズがよぎったのはとりあえず内緒にしておいた。。







RIMG0015.JPG


RIMG0019.JPG

そして、車にも雪がこんもり積もっておったのう〜!

雪国に住まう者たちの苦労を感じられた意味において、この日の体験はなかなか良かったわい。


来る春を待ちながら、今は雪と共に力強く生きてまいろうぞ皆の衆〜!!!!
posted by 関ケ原東西武将隊, at 17:58 | Comment(32) | category: 徳川家康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。